2018年ドラフト候補、高校生東北編

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は東北の高校生選手。

2017年は

鶴岡東の吉住晴斗投手がソフトバンクに1位指名され、高校生投手の中で結果的に最も高い評価となった。

また、仙台育英の西巻賢二選手が東北楽天の6位で、盛岡大付の比嘉賢伸選手が巨人の育成ドラフト1位で、羽黒の田中優大投手が巨人育成4位、光南の松本京志郎選手が東北楽天の育成2位、学法石川の尾形崇斗投手がソフトバンクの育成1位、大曲工の藤井黎來投手が広島の育成2位でそれぞれ指名されている。

注目選手

明桜の山口航輝投手に注目が集まる。181cm85kgの身体があり球速は146キロを記録、変化球も鋭く、この夏にチームを甲子園に導く大活躍を見せた。またバッティングでも注目をされている。このままいけばドラフト上位候補として注目されたが、甲子園では故障のために登板はしなかった。来年のドラフト候補として、復活してほしい選手の一人。

その他の選手

盛岡中央高校の石澤優馬投手は175cmの左腕で、伸びのあるストレートが特徴。球速は130キロ台だが三振を奪える球に注目。足や打撃も評価される。金足農業の吉田輝星投手は173cmの右腕だが球速は144キロを記録、1年夏からベンチ入りし実績を積み上げている。

八戸学院光星の福山優希投手は175cmから140キロを投げる右腕、能代松陽の佐藤開陸投手は165cmから140キロを投げる左腕で、東北大会では二人が投げ合い、福山投手は9回8安打11奪三振2失点、佐藤投手は9回6安打9奪三振1失点と共に好投を見せた。

由利工業の佐藤亜蓮投手は142キロを投げるエースで、センバツ大会の21世紀枠候補9校に残っており、甲子園で登板が見られるかもしれない。他にも145キロを投げるという羽黒高校の佐藤幸弥投手、183cmの長身左腕・葛岡仁投手にも注目したい。

打者では聖光学院のクリンナップに注目が集まる。3番・矢吹栄希選手は主将で二遊間を守る。安定した打撃がある。4番の五味卓馬選手は172cmと身長は高くないが東北大会の準々決勝、準決勝でホームランを放った。5番の須田優真選手は1年秋には4番も任された選手で、東北大会決勝でホームランを放った。

青森山田の中沢樹希也選手は、今夏の甲子園で2打席連続ホームラン、鍛え上げた身体が注目された。今年はパンチ力以外の部分もチェックされるようになりそうだ。弘前東の桜庭佑希也選手はすでに高校通算33本塁打を記録、秋季県大会では3本塁打、八戸学院光星との準決勝では延長10回に勝ち越しの場外ホームランを放った。

羽黒高校の塩崎一朗選手は50m5.8秒の足があり、外野の守備範囲の広さに定評がある。また三振をしない打撃も注目される。

2018年度-高校生-東北のドラフト候補リスト


PAGE TOP