2018年ドラフト候補、高校生四国編

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は四国地方の高校生選手。

2017年は

明徳義塾の西浦颯大選手がオリックスの6位で指名され、また新野の折下光輝選手が巨人の育成7位で指名された。

板野高の150キロ右腕・森井絃斗投手や高松商の植田理久都選手、志度高の武田玄投手、今治西の藤原拓実投手、三本松の佐藤圭悟投手などが注目されたものの、プロ志望届は提出しなかった。

注目選手

明徳義塾は秋の明治神宮大会で優勝、エースの市川悠太投手が一人で投げ切った。この市川投手はやや横から145キロの速球を投げ、この秋の実績もあり来年はドラフト上位候補としてみられていく事になりそう。さらに球速を伸ばして1位候補になってほしいと期待している。

松山聖陵の土居豪人投手はスケールの大きさでプロのスカウトが注目する。189cm80kgの身体があり、球速は144キロを記録、愛媛大会決勝の西条戦で1安打8奪三振で1失点完投勝利を挙げた。球速も140キロ後半から150キロが期待される。

その他の選手

八幡浜の田中大成投手は182cmの身長があり、2年生夏前に141キロを記録、変化球も一通りの平均レベル以上の球を投げる。川島高校の藤田淳平投手は182cm80kgの左腕投手、135キロの速球で打ち取るタイプだが成長に期待。

高知の中屋友那投手は中学時代から注目された投手、しなる腕から130キロ後半の速球を投げ、冬の成長が期待される。丸亀城西の大前輝明投手は179cm90kgの身体がある。まだ球速は130キロ台だが、コントロールがある。

明徳義塾の谷合悠斗選手は2年生から4番を打ち、センバツでは早稲田実戦でホームランを放った。明治神宮大会でも決勝で3安打を記録するなど打の中心選手。生光学園の湯浅麗斗選手は187cm85kgの身体があり、高校通算29本塁打を放っている。鳴門渦潮の住江龍蔵選手も鋭いスイングから強い打球を見せる四国屈指の強打者。

城東の武口哲也選手は2年生で夏も4番を打ち、板野高の森井投手から左中間へ2ベースヒットを打っている。徳島県ではトップクラスの打者として注目され、中学時代は投手としても活躍をしており、登板も期待される。

2018年度-高校生-四国のドラフト候補リスト


PAGE TOP