147キロ左腕の国士舘高・草薙柊太投手に7球団が視察、巨人、楽天スカウトが評価

国士舘高, 草薙柊太

春季高校野球東京大会では、プロ注目の国士舘高・草薙柊太投手が公式戦初先発、6回2安打無失点の好投を見せた。この試合には7球団のスカウトが視察に訪れた。

147キロ左腕

草薙柊太投手は外野手としてプレーしていたが、その強肩に注目されて投手として登板すると、左から147キロを記録して注目を集めていた。

この日の二松学舎大付戦で公式戦初先発をすると、3回までノーヒットピッチングを見せる。4回に内野安打を許したものの6回までピンチを作ることなく、6回2安打無失点、1四球に3三振と好投した。

「相手が真っすぐを狙ってくるので、腕を振って変化球中心に攻めた。カーブとチェンジアップがよかった」と話す草薙投手、この日はストレートよりも変化球が良かった。それでも、インコースへのキレのあるストレートが良く、バッターを詰まらせて打ち取った。

視察した東北楽天の後関スカウトグループマネジャーは「右打者の内角への直球は、高校生ではなかなか難しいかもしれない」と話すと、巨人・青木スカウトは「独特な肘の使い方で打者にとっては見づらい。下柳さんに似ている」と話し、球速だけでなく、特に左バッターから角度のあるフォームで、打ちづらい投手と評価した。

関東では浦和学院の佐野涼弥投手、藤嶺藤沢の148キロ・矢澤宏太投手、横浜高の板川圭矢投手が、またほかにも高岡商の山田龍聖投手は182cmの左腕で148キロを投げ、近大付の大石晨慈投手、大阪桐蔭の横川凱投手、大分高の山月雄翔投手も素材は十分、高校生左腕投手も注目をしたい。

2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

初回に2点をもらい1回裏に四球こそ出したが、3回まで無安打投球。4回に内野安打を許したがピンチらしいピンチはなく、後ろへつないだ。7球団のスカウトが視察。

 草薙は「立ち上がりはあまり良くなかったが、変化球でカウントを取れた。今日はチェンジアップが良かった」と振り返った。

一、二回で3点を先行した国士舘は、最速147キロ左腕・草薙柊太投手(3年)が先発で6回2安打1四球3三振無失点と好投し、打線が九回までに7点をリード、その裏追い上げられたが振り切った。

7球団が視察し、楽天・後関スカウトグループマネジャーは「右打者の内角への直球は、高校生ではなかなか(打つのは)難しいかもしれない」とみていた。

巨人・青木スカウトは「独特な肘の使い方で打者にとっては見づらい。下柳さん(元阪神など)に似ている」と評価した。


PAGE TOP