関東第一の強肩捕手・石橋康太選手に広島カープが注目

関東第一, 石橋康太

広島カープがまた高校生捕手に注目!?関東第一の石橋康太選手のプレーに、スカウト部長が高い評価を示した。

3安打2打点、二盗阻止

関東第一の石橋康太選手は181cmの捕手で、高校通算39本塁打の打撃と、セカンドまで1.9秒台の強肩が注目されている。

この日は上野学園との試合で、打撃では初回に2アウト2塁の場面で、センター前に先制のタイムリーヒットなど3安打2打点を記録した。また捕手としても3回ノーアウト1塁の場面で、二盗を刺した。

「積極的に打っていくことを心掛けている。結果につながって良かった」とこの日のプレーについて石橋選手は評価した。

この試合を広島カープの苑田スカウト統括部長が視察し、「体が強いね。いい打撃をしている」と評価した。

広島カープは一昨年のドラフト4位で獲得した日大三出身の坂倉将吾選手が注目され、昨年のドラフトでは1位で広陵の中村奨成捕手を獲得している。今年、高校生捕手で、同じ右のスラッガーを指名する可能性は低いとみられるが、一軍戦力が十分そろっているカープだけに、手薄となっている高校生内野手など、捕手以外のポジションに転向も考慮して肩や足、フットワークなどを見ているかもしれない。

東京では早稲田実の野村大樹選手が捕手として高校通算55本塁打を記録しており、右のスラッガーとしてはライバルだが、野村選手は将来は捕手以外でプレーさせたい選手でもある。捕手として肩などで石橋選手の方がよさそうだ。他にも帝京の田中悠我選手、日大三の日置航選手、東海大菅生の片山昂星選手など、野手も楽しみな選手が多い。

2018年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト
2018年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

3安打2打点、石橋二盗阻止 日刊スポーツ紙面 2018/4/17

 


PAGE TOP