花咲徳栄・野村佑希選手は2安打2打点、ヤクルトなど9球団スカウト視察

花咲徳栄, 野村佑希

昨夏の王者・花咲徳栄が春季大会に登場し、プロ注目のスラッガー・野村佑希選手は2安打2打点の打撃を見せた。ヤクルトなど9球団のスカウトが視察をしている。

高校通算48本塁打

高校通算48本塁打を放ち、昨年は清宮、今年は野村、と注目されるスラッガー・野村佑希選手はこの日、7回の打席でライトオーバーの2点タイムリー2ベースヒットを打ち、2安打2打点の活躍を見せた。

この日は川越東と対戦し、チームは4-3と苦しい戦いを制した。主将でもある野村選手は、「練習試合は何となく勝っていたけど、公式戦では簡単にはいかない。マークされるのはわかっている。その中で打たないと。プレッシャーは仕方ないし、その中で自分たちの野球ができるようにしたい」と話した。

この日は9球団のスカウトが視察に訪れている。東京ヤクルトの中西スカウトは「去年の甲子園での実績もある。いい選手」と評価した。

今年はサードを守り、1つのエラーをしたが、サードで結果を残してゆけば、評価はますます高くなる。今年の高校生スラッガーの中でトップランクに評価される。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

春季高校野球(26日、大宮公園)埼玉2回戦で、川越東に4-3で辛勝。昨夏の甲子園を制してプロ注目の野村佑希外野手(3年)は、「4番・三塁」で右越えの2点二塁打を放つなど、4打数2安打2打点。この大会から主将で「練習試合は何となく勝っていたけど、公式戦では簡単にはいかない」と神妙な顔。


PAGE TOP