東北高校の147キロ右腕・中山翔太投手が完封、12球団注目の金足農・吉田との投げ合い制す

東北高, 中山翔太, 吉田輝星, 金足農

春季東北大会では、東北高校と金足農が対戦し、147キロ右腕の中山翔太投手が公式戦初先発すると、12球団が注目する金足農・吉田輝星投手との投げ合いで完封勝利を挙げた。

課題克服

中山翔太投手は184cm83kgの体から最速147キロの速球を投げる投手として注目されている。しかし、制球難の課題があり公式戦での先発はここまでなく、未完の大器だった。

しかし、今年春に右腕を少し下げるフォーム改造をすると制球が安定し、変化球も自信を持って投げられるようになった。練習試合でも結果を残し、この日は満を持しての公式戦初先発となった。しかも対戦相手は、前日に完投勝利をし、12球団のスカウトが視察をした金足農・吉田輝星投手だった。

試合は6回まで両投手0-0の投手戦が続く。7回、東北高校が先制をすると、9回に2点を奪って突き放した。中山投手は味方の得点後も安定して投げ続け、9回を6安打8奪三振無失点で完封勝利、見事な公式戦初先発マウンドとなった。

吉田投手は前日の専大北上戦で最速146キロの速球や、得意のフィールディングなどで3安打8奪三振1失点の完投勝利をし、専大北上で元阪神スカウトの中尾監督から「うわさには聞いていたけど、いい投手やった。たとえるなら桑田みたいな感じ。制球、フィールディング、けん制。すべてのレベルが高くて、高校では見たことない。野球センスがずばぬけている。」と評価され、12球団のスカウトが視察に訪れていた。

東北NO.1右腕と注目される吉田投手、そして新星の中山投手が、夏の東北を熱くしてくれそうだ。ドラフト会議も席捲してくるかもしれない。

2018年度-東北のドラフト候補リスト

制球力向上へフォーム改造 先を走る同級生2人を追いかける。背番号1の葛岡仁と同18の古川原将真の両左腕は同学年。昨春から主戦の2人に対し、184センチ、83キロの中山は最速147キロの直球を持つが、制球難を克服できずにいた。しかし4月上旬、右腕を少し下げる投球フォームに変えて制球が安定。その腕の振りで投げやすい変化球も身につけ、投球の幅を広げた。


PAGE TOP