藤嶺藤沢・矢澤宏太投手が南神奈川最注目、既にプロ志望固める

矢澤宏太, 藤嶺藤沢

夏の高校野球、北神奈川大会と南神奈川大会の組み合わせが決まった。南神奈川は横浜高、湘南学院、金沢高、鎌倉学園がAシード。最も注目されるのは藤嶺藤沢・矢澤宏太選手。

プロ入り意志固める

初戦は平塚湘風との対戦が決まった藤嶺藤沢、今年の3年生NO.1の注目選手・矢澤宏太投手は、173cm65kgと体は大きくない。しかし投げては左腕で最速148キロを記録し、今年春に6回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

また打っても抜群の長打力を見せ、学校のグラウンドでは場外弾が多く、縦横30mの防球ネット「矢澤ネット」が設置されるほど。また50mを5.8秒で走る足もあり、総合的な身体能力に高い評価を受けている。

左の速球派、また足や打撃の魅力もあり、12球団のスカウトが注目をしている。同校では昨年まで、元西武の石井貴氏がコーチを務めていたが、石井氏からは「プロに行くんだろ?」と常にプロを意識した練習をしてきた。矢澤投手も本気で、既にプロ志望の意志を固めているという。

「初戦も決勝も負ければ同じ。甲子園に行くため自分の投球をしたい」と話す矢澤投手、南神奈川NO.1と注目される選手が、甲子園出場を果たすか。

2018年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

矢沢は「初戦も決勝も負ければ同じ。甲子園に行くため自分の投球をしたい」。昨年までコーチを務めた元西武・石井貴氏(現四国IL・徳島監督)に「腕を振れ」と助言され直球と変化球ともに威力を増した。1メートル73と小柄ながら球速は入学時の130キロから18キロアップ。打っても高校通算27本塁打を誇り、グラウンド94メートル先の右翼フェンス後方の民家に飛ばないように4月に高さ30メートルの「矢沢ネット」が設置された。「点を取られたら打って返したい」と二刀流の活躍を誓った。


PAGE TOP