今日の進路表明選手

高校野球では各地で熱戦が繰り広げられ、勝者の笑顔と同時に、夏を終え、高校野球を終える選手もたくさんいます。このページでは、敗れた注目選手について、今後についてのコメントなどをまとめたいと思います。

  選手名 高校 特徴 進路
プロ 益子京右 青藍泰斗 セカンドまで1.72秒の強肩と高校通算23本塁打 プロ志望について「出します」
大学 渡辺翔太 北九州 この夏にノーシードからベスト4、145キロ右腕 「卒業後は大学で野球をやりたい」
プロ 田中法彦 菰野 最速152キロ、150キロ連発 「プロ一本でいきます」
  沢田龍太 富山商 センバツで好投、143キロ右腕 「さらに上のレベルで、しっかりチームを勝たせられる投手になっていきたい」
プロ 羽田野温生 汎愛 187cmから147キロ、春から右ひじ痛も評価高い 「行けたら行きたいと思っている。今のスタイルと同じように三振を取れるピッチャーになりたい」
大学 小山直弥 実践学園 3月に149キロ記録し注目もこの日は押し出し死球など課題の制球難見せる 「大学へ行ってプロを目指したい」
プロ 藤田希和 福知山成美 守備の良い遊撃手として、阪神、日本ハムなど5球団視察 「大学からの誘いはすべて断りました」
  直江大輔 松商学園 183cm右腕で12球団が注目する145キロ右腕 「監督と話して決める。プロ、大学どっちかの選択ができれば」
プロ 金子知生 新田暁 144キロの速球を投げる178cm右腕 「上でやりたい」
プロ 鈴木裕太 日本文理 150キロの速球を投げる右腕 「プロでやっていきたいという気持ちは変わらない」
  野村大樹 早稲田実 高校通算68本塁打、チャンスにも強いスラッガー 「上の野球がある。どこのステージでも、日本一を目標にしていきたい」
プロ 米倉貫太 埼玉栄 綺麗なフォームが評価される146キロ右腕 「高いレベル、できればプロで返すしかない」
プロ
・大学
今里凌 専大松戸 高校通算38発、185cmスラッガー 「大学かプロで、もっとレベルアップしたい」
  清宮虎太朗 八千代松陰 190cmから146キロ、素材型右腕 「今は気持ちの整理がつかない。でも、この先はプロを目指したい」
  相川亮太 館山総合 182cmから135キロを投げる左腕、巨人、ソフトバンクなど6球団が春に視察 プロについて「実感がわきません」
大学 長瀬嶺也 立正大立正 141キロ右腕、夏の初戦で5回のピンチで登板し3回2/3を3安打2失点で敗退 「東京六大学を目指したい」
  英真太郎 浦和実 182cmの大型左腕で139キロの速球を投げプロ注目、複数のスカウト視察 「最後まで投げ切れたので、今後につなげたい」
大学 本郷海斗 瀬谷西 183cmから140キロの速球と多彩な変化球で4球団が注目していた 「大学で野球を続けて、反省を生かしたい」とプロ入りを視野に進学
大学 小林綾
小林紘
松本深志 綾は最速148キロ右腕
弟もチーム事情で打者専念
共に慶応大進学を目指すが、絃選手は「希望進路は同じだけど、一緒に行けるかはわからないので。勉強が」と話した。
プロ 荘司宏太 駿台甲府 巨人の木佐貫スカウトは「140キロ台を安定して出していたし、状態もいい。リストの中の一人」 「プロでやってみたい。だめなら、大学で野球を続け、プロに挑戦したい」
  吉岡桃汰 東大和南 阪神など4球団のスカウトが視察も腰痛で登板できず 「上でも野球がやりたいです」
プロ 福田翔 宇都宮短大付 147キロ右腕、10球団が視察 「プロ志望届を出す方向です。プロに行きたい気持ちが強い」
  向井鉱裕 正則学園 ソフトバンクの宮田善久スカウトは「素材は素晴らしい。天性のものを持っているので体ができてくれば楽しみ」 「これからも野球を続けていきたい」

 


PAGE TOP