花咲徳栄、野村佑希選手と1年生・井上朋也が活躍、巨人・ソフトバンク・中日など7球団絶賛

花咲徳栄, 野村佑希, 井上朋也, 松岡洸希, 桶川西

花咲徳栄は、プロ注目の野村佑希選手、スーパー1年生の井上朋也選手が活躍を見せ、評価の高かった桶川西に圧勝した。

スラッガー活躍

花咲徳栄の初戦は桶川西、松岡洸希選手が143キロの速球を投げ、他にも130キロ中盤から後半を投げる投手がそろっており、評価の高いチームだった。そして試合が始まると、その桶川西が初回に1点を先制した。

しかし花咲徳栄打線は2回、1年生の井上朋也選手選手が2回に右中間への2ベースヒットでチャンスを作ると逆転し、今年のドラフト上位候補・野村佑希選手も3回ノーアウト一塁の場面でレフト前ヒットを打つと、6回には1アウト1塁の場面で右中間に2ベースヒットを打った。野村選手は特大のファウルも打っており、「ボールも見えていたし、ホームランも、そのうち出ると思う」と話した。

この日は7球団のスカウトが視察し、スカウト部長クラスも訪れている。この野村選手の打撃について、東北楽天の長嶋スカウト部長は「あのファウルと、その後に簡単に右に打って、右中間の二塁打も見られてよかった。高校生の右打者のトップクラスは増田と2人。木のバットでも楽しみ」と話し、明秀日立の増田陸とともにトップクラスの評価と話した。

また巨人の岡崎スカウト部長も「ホームランバッターの素質を持っている。高校生ではトップクラス」と評価し、中日の中田スカウトディレクターも「ホームランバッターとして必要なものはすべて持っている」と評価した。また1年生の井上選手についてもすでに評価が高く、福岡ソフトバンクの宮田善久スカウトは「常にフルスイングで打ちにいくのが素晴らしい。2年後が楽しみ」と評価した。

今後、野村選手の一発も期待されるが、この日の打席でプロ側の評価は定まったように見られる。スラッガータイプの高校生でNO.1は決まり、ドラフト会議では2位以内で確実に指名されるだろう。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

この日はプロ7球団が視察し、楽天・長島スカウト部長は、「あのファウルと、その後に簡単に右に(安打を)打って、(六回には)右中間の二塁打も見られてよかった。高校生の右打者のトップクラスは増田(明秀日立)と2人。木(製)のバットでも楽しみ」と1メートル85の右打者を高く評価した。
 4年連続の甲子園出場がかかる夏。岩井監督は、「野村には、一発が期待されても、狙って打てる打者ではないと言っている。ああいうの(右前打)が打てて、コツコツというのがウチの野球」と慢心はない。

 7球団12人のスカウトが視察。巨人・岡崎スカウト部長は「ホームランバッターの素質を持っている。高校生ではトップクラス」と評価した。エースとしてもフル回転を期待される主砲は「入った時は背番号1をつけたいと思っていたので、うれしい。勝つことはもちろん、去年から成長した姿を見せないといけない」と気合を入れ直していた。

公式戦デビューは入学直後の春季埼玉県大会。同校を率いて18年、ロッテ・根元やDeNA・楠本、昨年ドラフト2位で西武入りした西川ら多くの打者を育てた岩井隆監督も「打席での集中力が凄い。今までこんな選手はまずいなかった」と舌を巻く。1日の横浜との練習試合では最速152キロの来秋ドラフト1位候補左腕・及川(およかわ)から強烈な左越え2ラン。日ごとに存在感を増す。
 鮮烈な夏デビューに侍ジャパンU―18代表候補でプロ注目の4番・野村は「今朝の打撃練習は調子が良くなかったから期待してなかったら、これ。僕より全然上」と苦笑い。ソフトバンクの宮田善久スカウトは「常にフルスイングで打ちにいくのが素晴らしい。2年後が楽しみ」と絶賛した。


PAGE TOP