報徳学園・小園海斗選手に巨人・阪神が絶賛、オリックスなど9球団視察

報徳学園, 小園海斗

報徳学園のプロ注目遊撃手・小園海斗選手に巨人と阪神のスカウトが「ショートでは一番上」と絶賛のコメントをしている。

初回から活躍

この日の神戸甲北戦に、1番ショートで出場した小園海斗選手は初回、初球を捉えてセンターオーバーの2ベースヒットをいきなり放つ。そしてタイムリーヒットでホームに生還し、2試合連続で先制のホームを踏み、チームに勢いをつけた。

この日は巨人、オリックス、阪神などのスカウトが視察に訪れたが、巨人は岡崎スカウト部長が視察し、「三拍子そろったいい遊撃手」と評価した。また、阪神のクマのスカウトは「専門的に言えばショートでは一番上。スターの素質も十分」と話し、根尾昂選手、太田椋選手、増田陸選手などが注目される高校生遊撃手の中で、最も上と評価をした。

次の4回戦は春に敗れた滝川二、小園選手も3打数ノーヒットに抑えられた相手で、甲子園出場のための山場となる。「リベンジしたい。次の試合も自分がチャンスを作っていきたい」と話し、また初回に先制のホームを踏んで、チームを勝利に導く。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

報徳学園の1番打者が、鮮やかな先制パンチを浴びせた。「初回の初球を振ろうと決めていた」。今秋ドラフト上位候補の小園海斗遊撃手(3年)は伊丹西との初戦に続いて、第1打席の初球を捉えた。中越え二塁打で出塁すると、長尾亮弥外野手(3年)の適時三塁打で2試合続けて先制のホームを踏んだ。プロ9球団が視察し、巨人の岡崎スカウト部長は「三拍子そろったいい遊撃手」と高評価した。

ネット裏からは巨人、オリックスなどプロ9球団が視察。この日は3打数1安打だったが、阪神の熊野スカウトは「専門的に言えばショートでは(世代で)一番上。スターの素質も十分」と、下半身を使った打撃や華麗な守備をベタ褒めした。


PAGE TOP