倉敷商・引地秀一郎投手が甲子園に一歩届かず、DeNA、巨人など5球団視察

創志学園, 引地秀一郎, 倉敷商, 西純矢

高校野球岡山大会では準決勝の倉敷商vs創志学園の一戦に、5球団のスカウトが集まった。152キロ右腕・引地秀一郎投手と、U18代表1次候補にも選ばれている創志学園の2年生・西純矢投手に注目が集まった。

5球団スカウト

この日は、創志学園の西純矢投手が三振を奪うと雄たけびを上げるなど、気迫と若さを前面に出した。それに呼応するように、引地秀一郎投手も150キロのストレートを見せた。

引地投手はこれまで、制球に課題があり、四球を与えたり、苦しくなってストライクを取りに言ったところを痛打されていた。しかし今大会は、140キロ中盤から後半のストレートを、思い切り腕を振ってストライクを取れており、この日は、抜群のスライダーのキレを見せた。西投手が入った打席では150キロのストレートを連発した後、大きく曲がるスライダーで空振りを奪い、マウンド上でしてやったりの顔も見せていた。

創志学園の西投手もすごかった。ストレートは140キロ中盤から後半を記録し、打者のインコースにもしっかりと投げると、持ち前の多彩な変化球も使った。気迫を出しながらも冷静に投げ分け、倉敷商を完封した。

試合は2-0で創志学園が勝利、引地投手は8回6安打4奪三振2失点、西投手は9回5安打8奪三振無失点、決勝には創志学園が進む。それでもこの二人の投げ合いは、非常にハイレベルで素晴らしいものだった。

DeNA、巨人などが評価

この日は横浜DeNA、巨人など5球団8人のスカウトが視察に訪れ、横浜DeNAの欠端スカウトは「これだけ腕を振れて力のあるボールを投げられる選手はいない。将来が楽しみ」と評価した。

また創志学園の2年生・西投手について巨人の渡辺スカウトは「ボールがキレている。スライダーも良い所に曲がるしキレもある」と素質を高く評価した。

引地投手はドラフト1位か2位で指名される可能性が高くなった。また、西投手はU18代表入りするのは確実と思わせる投球で、来年のドラフト会議では1位候補として注目されることになりそうだ。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生のドラフト候補リスト

プロ注目右腕対決に5球団スカウト 日刊スポーツ紙面 2018/7/29

 


PAGE TOP