報徳学園・小園海斗選手が甲子園へ、阪神3人態勢・巨人も視察

報徳学園, 小園海斗

報徳学園の小園海斗選手が再び甲子園に帰ってくる。

阪神3人態勢で視察

プロ注目遊撃手の小園海斗選手はこの日、3回にライトフェンス直撃の2ベースヒットを放つと、5回には四球で出塁して二塁に進み、1アウト満塁から一塁手がゴロを後逸すると、セカンドから一気にホームイン、2点目となった。

2年生の春に甲子園に出場をしたが、夏、そして昨年秋も勝ち上がれず今年のセンバツ出場は出来なかった。「秋春とふがいない形で、本当に苦労して。それを思い出しました」と甲子園に帰られたことに号泣をした。

この日は阪神が3人態勢で視察し、熊野輝光スカウトは「三拍子そろっている。大会を通して体が動いていた。能力は抜けている。」と話し、「甲子園でも暴れてほしい。甲子園でも負けるまで見るよ」と徹底マークをすることを明らかにした。

また巨人の益田スカウトも「立浪をほうふつとさせる」と話し、高校卒で遊撃手のレギュラーになり新人王を獲得した名選手に例えた。

今大会で見せたバックスクリーン弾は衝撃的で、甲子園でもその守備と、強化された打撃に注目が集まる。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

自身にとって4強に進出した昨春センバツ以来の甲子園。「1、2年の時は悔しい思いをしたことが込み上げて…。ここまで長かった」。兵庫大会は昨秋が3回戦、今春は2回戦で敗退。苦しい時期を乗り越えた分、感情を抑えきれなかった。
 聖地への思いをプレーで表現した。三回無死は右翼フェンスを直撃する二塁打。二塁走者だった五回1死満塁は、一塁手がゴロを後逸すると50メートル走5秒8の俊足を飛ばした。
 「気合が入っていた。必死に走った」。本塁にヘッドスライディング。2点目のホームインを果たすと、ガッツポーズでほえた。
 この日は複数球団が視察。阪神・熊野スカウトは「大会を通して体が動いていた。能力は(高校生の中で)抜けている。甲子園でも暴れてほしい」と評価する活躍だった。

今秋ドラフト上位候補の遊撃手。3人態勢で視察した阪神の熊野輝光スカウトは「(走攻守)三拍子そろっている」と変わらぬ高評価をした上で「甲子園でも負けるまで見るよ」と密着マークを宣言した。2年春のセンバツでは本塁打を放つなど4強に貢献した小園。「(甲子園に)いいイメージはある。絶対、日本一を獲りたい」と闘志を燃やした。


PAGE TOP