万波中正選手甲子園へ、140m特大弾に横浜DeNA、千葉ロッテが評価

横浜高, 万波中正

横浜高校は、万波中正選手が先制タイムリー2ベースヒットと、推定飛距離143mの特大弾を見せ、甲子園出場を決めた。

143m弾

万波中正選手は1回、センター方向のはじき返すと、フェンスに直撃する2点タイムリー2ベースヒットを放ち、チームに先制点をもたらすと、3回、ノーアウト2塁の場面では、甘く入った初球を軽く振りぬいた。しかし打球はグングン伸びてゆき、レフトスタンドの最上段に飛び込む、あと少しで場外弾という推定143mの特大弾だった。

試合も板川佳矢投手が先発して好投すると、終盤に疲れを見せて失点したものの、万波選手、そして152キロ左腕の及川雅貴投手につなぎ、7-3で勝利した。

スカウトも高評価

昨年夏の神奈川大会決勝・東海大相模戦では、チームは甲子園出場を決めたものの万波選手は5三振を喫し、そこからどん底の状態が続いた。今年に入ると主力メンバーから外れ、寮からも退寮して自宅通勤となった。夏前もベンチ入りメンバーから外れていたが、ぎりぎりで背番号13を手にしていた。

しかし今大会は、横浜スタジアムで1年生の時に並ぶバックスクリーン弾を放つと、この日の特大弾で2本塁打、高校通算も40本とした。また投げても最速147キロの速球を投げ、リリーフとして登板した。

この万波選手に横浜DeNAの稲嶺スカウトは「持って生まれたパワーが魅力。外野手ができ、投手と内野手もこなしてしまうのもセンスがあるから。技術や体はまだまだ成長する。甲子園でも楽しみです」と話すと、千葉ロッテ・永野チーフスカウトも「無駄な動きがなくなっている。フライの内容も良い。一歩間違えたらホームランという当たりだし、可能性は十分に出てきた」と成長を確認し、「あとは甲子園に出てくる投手と対戦してどうか」と話した。

打撃には大きな課題もある。この日は1つ三振をしているが、インハイの球は130キロ台でもまだ打てないだろう。それでもこの日は5打数3安打4打点、昨年の夏とは全然違う。甲子園でも、どんな形でもよいのでまずはホームランを放ち、それを足掛かりに、これから技術を磨いてほしい。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

3年になっても不振で今大会の背番号は「13」。大会前の登録時はメンバー20人の枠外で、開幕前の変更で滑り込んだ。“メンバー落ち”した後の万波は、グラウンドに一番に入ったり、ライン引きや水まきなど下級生の仕事を手伝ったりと意識改革。平田徹監督(35)は「不振に限らず、もう一度謙虚に見直してほしかったということ。成長を見せてくれて、取り組む姿勢がよくなった」と成長を認めて戻した。

 春の大会後、フォーム改造に取り組んだ。自ら試行錯誤して6月頃、脚を開かないように絞った左膝を捕手方向に向けて構える打撃フォームに行き着いた。ロッテ・永野チーフスカウトは「無駄な動きがなくなっている」と高く評価した。

苦難の道のりだった。1年の夏。同球場のバックスクリーンを直撃する特大弾を放ったが、昨夏の神奈川大会決勝(対東海大相模)では屈辱の5三振。自らの打撃を見失い、4番を打った昨秋も不発。その後の練習試合では7番に降格するなど、暗く、長いトンネルに入り込んだ。
 年明けには、レギュラークラスにだけ許される寮生活も剥奪され、都内の自宅から片道90分かけての通学を強いられるようになった。今春の関東大会では当初、メンバー外(けが人が出たことで開幕直前にベンチ入り)。同大会では守備固めとして出場するシーンもあったほどだ。

精神的に成長を遂げると打撃の調子も上向いた。体が開かないように打撃フォームを修正。今大会は全6試合に先発出場し、24打数13安打で打率・542、2本塁打、12打点をマーク。4回戦から4番に返り咲き、見事に復活を果たした。
 次なる戦いの場は自身3度目の甲子園だ。本職の外野だけではなく、この日守った一塁に加え、最速147キロを誇る投手としても出番を待つ。「一泡吹かせてやろう」と投打フル回転でチームを支える覚悟だ。

完全復活。特大弾で3年連続の甲子園に導いた万波は、右翼からゆっくりとマウンド上の歓喜の輪に加わった。抑えで胴上げ投手になるはずだったが、9回に打たれて再び右翼へ。格好良く締めることはできなかったが「今日に懸ける思いは誰よりも強かった。(3連覇の)プレッシャーもあったけど、優勝できてよかった」と喜びに浸った。
 4番は初回、中越えに先制の2点二塁打。打線を勢いづけると、3回には左中間席上段へ叩き込んだ。高校通算40号は130メートルの特大2ランだ。準々決勝でも同じ横浜スタジアムのバックスクリーンを直撃する一発を放ったが「今大会で一番いいぐらいの当たり」と胸を張った。サッカー日本代表・本田圭佑をマネた敬礼ポーズも決めて「監督に怒られるかも」と舌をペロリ。8回にも左翼フェンス直撃の二塁打で3安打4打点と大暴れした。

 


PAGE TOP