智弁和歌山・林晃汰選手、進路明言せずもプロ挑戦へ、平田龍輝投手も

智弁和歌山, 林晃汰, 平田龍輝

近江高校に敗れ初戦敗退となった智弁和歌山・林晃汰選手、試合後に進路は明言しなかったものの、エースの平田龍輝投手とともにプロ志望届を提出する予定。

不甲斐ない打席

試合後に智弁和歌山の高嶋監督は、「完敗です。クリーンアップが打てない。向こうは打って、こちらは打てなかった。クリーンアップの差が出たかな」と話した。近江の4番・北村恵吾選手は2本のホームランを放ったが、智弁和歌山の主砲・林晃汰選手は3打数1安打で打点はなかった。

林選手は昨年夏、今年春のセンバツと2大会連続でホームランを放ち、春は高嶋監督より「3発撃て」とホームランを打つことを指示されていた。しかし今大会は「好きにせい」と話していた。林選手は和歌山大会で打率.412を記録したもののホームランは0本に終わっていた。相手に勝負を避けられる打席が多く、勝負された時には低めの変化球に手を出して空振りをする場面も多かった。

この日も近江の林優樹投手とプロ注目捕手・有馬諒選手の2年生バッテリーに「インコースが弱い」と分析され、インコースへのストレートを投げた後、低めのボール球の変化球で空振りをし、2三振を奪われた。1安打は痛烈なライト前ヒットで、また2つの四球と貫禄も見せたが、3大会連続弾に加え、打点を挙げられずに最後の夏を終えた。

林選手は、「早め早めの継投で対応が遅れました。実力不足です。この夏は一度も満足した試合はなかった。自分が打てなくて、最後まで本当に迷惑をかけた。」と話した。しかし「ただ楽しくできたのでそれが一番かなと。悔いはないです」と話した。

林選手は今後について聞かれると、「まだ全然、考えていません。上に行ってやるには、もっとレベルアップしないといけない」と話した。進路は明言しなかったが、かねてよりプロ志望で、プロ志望届を出す方向だという。

またエースで185cm右腕の平田龍輝投手もプロ志望届を提出するという。平田投手は最速144キロの速球を投げる本格派で、この日は先発し7回1/3を投げて8安打8奪三振6失点という内容だった。素材は評価されており、プロからどのような評価を受けるか注目したい。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2回に2点を先制したが、その後は継投策でかわされた。甲子園で歴代最多の68勝を誇る高嶋仁監督は「完敗です。クリーンアップが打てない。向こうは打って、こちらは打てなかった。クリーンアップの差が出たかな」と冷静に分析した。

今大会前、林は高嶋仁監督(72)と練習中に目が合うたびに「好きなように打て」と言われていた。今年のセンバツ前は反対に「3本(塁打)打て」とはっぱをかけられたが、実力通りの結果を残せず。高嶋監督は、甲子園で伸び伸びしてほしいという思いを込めて、今回は「好きにせえ」と声をかけていた。
 高嶋監督は林に「全然だめですね。雰囲気がなかった。まだまだ未熟者。智弁のクリーンアップですから。厳しい言葉ですが、上で野球をやるなら、肝に銘じて上がっていってほしい」と厳しい言葉を並べた。

あと1本に迫っていた高校通算50本塁打は達成できなかった。「自分なりにやり切った。後悔はないです。(今後は)まだ全然、考えていません。上に行ってやるには、もっとレベルアップしないといけない」と、プロ志望は明言しなかった。


PAGE TOP