佐賀商・木村颯太投手が146キロ記録、「いつかプロになってから戻りたい」

佐賀商, 木村颯太

佐賀商のエース・木村颯太投手はこれまで最速145キロを記録していたが、この日の甲子園での、高校最後となった登板で最速146キロを記録した。

甲子園の砂は持ち帰らず

木村颯太投手の好投が光った。腕をしっかりと振れ、球速は140キロ台を記録、リリースも低い位置でバッターの高めに伸びてくるような軌道のストレートを投げ込んだ。「佐賀大会では130キロ後半の球がほとんどだったけど、甲子園では140キロを超える球で勝負をできた」と話す。

6回までわずか2安打に抑えたものの、5回に145キロを記録したストレートをバックスクリーン左に運ばれた。そして7回、四球から味方の守備の乱れがあり、3安打を許して3失点、それでも8回には自己最速を更新する146キロを記録した。

8回6安打8奪三振4失点、木村投手は「甲子園で終われてよかった。最高の投球だと思う」と話し、自分のベストの投球ができて満足そうな表情も見せた。

木村投手は試合後に、甲子園の砂を集めなかった。「プロに入って、もう1度ここに戻ってきたいから」と話した。まだ力も伸びそうだし、制球も安定している投手、現時点では変化球も含めて総合的にもう一段成長が必要という印象だが、今後プロ志望届を提出するかどうかに注目したい。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト

木村は自己最速を1キロ更新する146キロをマークするなど、6回まで1被弾だけの2安打1失点。味方の援護を待ったが、同点に追いついた直後の7回に、3安打と四球、味方の失策などもあり3失点で力尽きた。それでも涙のなかった主将でもあるエース右腕は「甲子園で終われてよかった。一番、いい投球ができた」と胸を張った。卒業後の進路は大学志望だが「プロに入って、もう1度ここ(甲子園)に戻ってきたいから」と土は持ち帰らなかった。

木村「最高の投球」 西日本スポーツ紙面 2018/8/8

 


PAGE TOP