常葉大菊川・奈良間大己選手に巨人スカウト「野球センスにあふれる」

奈良間大己, 常葉大菊川

常葉大菊川で静岡大会打率.818の奈良間大己選手が、甲子園では2本の長打を見せた。

巨人スカウト評価

常葉大菊川の1番遊撃手・奈良間大己選手は、静岡大会で22打数18安打で打率.818、また2本塁打を放つパンチ力に注目されていたが、この日も初回、最初のスイングで投球を捉えると、打球はセンターの頭を越え、2ベースヒット、そして4回ノーアウト2塁の場面では、低めのストレートをしっかりとらえると、打球はバックスクリーンに飛び込んだ。

この日は5打数2安打2打点、打率.400は奈良間選手にとっては低い打率だが、パンチ力を印象付けた形となった。奈良間選手は遠投100mの遊撃手で、50m5.8秒の足もある。

視察をしていた巨人・青木スカウトは「思い切りよく、勘がいい。野球センスにあふれ、松田君のように言葉とプレーでチームを引っ張れる選手」と話し、福岡ソフトバンクの松田選手のように、常に声を出し、打撃でも守備でも引っ張っていける選手と評価した。

172cm66kgの奈良間選手、これから体もしっかりを作っていければ、しっかりとスイングもできる1番遊撃手として楽しみな選手となりそうだ。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト

奈良間 常葉菊川の8割ジーター 日刊スポーツ紙面 2018/8/8

 

静岡県大会6試合で22打数18安打6打点。172センチ、66キロと小柄ながら、2本塁打を放つ長打力も併せ持ち、打率は驚異の8割1分8厘。100回大会出場選手で、最高打率をマークしていた。「好調は続いている。リラックスして打てているのが、一番の要因だと思う」


PAGE TOP