金足農・吉田輝星投手の進路は八戸学院大?プロ球団が争奪戦か

吉田輝星, 金足農

金足農・吉田輝星投手が大学進学を視野に入れていることについて、プロ球団のスカウトもいろいろな動きを見せているようだ。

進路は八戸学院大?

甲子園で視察をしたスカウトからは、「これだけのピッチャーが、ホントに進学するのかね」「ウチの東北担当は、春先から監督にそう言われてるみたいだよ」という会話が聞かれているという。そして在京球団スカウトは「進学先は青森の八戸学院大だと聞いています」と話す。

吉田投手は2年生の頃より、投手育成に定評がある八戸学院大の正村投手に指導をしてもらっているようで、「金足農の中泉監督とすれば吉田をさらに良い投手に育ててもらいたいし、それが結果として本人のためであり正村監督への恩返しにもなると考えている。少なくとも中泉監督は各球団の担当スカウトに、そんな趣旨の説明をしているようです」と話した。

ただし、在阪球団のスカウトは、「吉田の背後にはプロ球団の影がチラついているのですよ。進学の理由はどうあれ、八戸学院大といえば地元・東北の楽天や西武の選手供給源。楽天には塩見や青山が在籍してるし、西武には秋山がいる。ともに八戸学院大には太いパイプを持った辣腕のスカウトがいますからね。進学希望を打ち出すことによって他球団を蹴落とし、ギリギリのタイミングでプロ志望届を提出、希望球団以外にドラフト指名された場合は八戸学院大に進学という絵図を描いているのではないか。」と疑いの視線を見せる。

また、金足農の元監督でもある嶋崎監督とのコネクションを利用し、「進学を覆そうとしている球団があるといいます」と在阪スカウトは話す。吉田投手の父親も金足農野球部のOBで、嶋崎監督の教え子だった。また現在の中泉監督も嶋崎監督の教え子で、二人の恩師である嶋崎監督のルートを狙っているという。

以前は獲得に向けてこのようなコネクションを利用し、何とか他球団を出し抜いて指名をするという動きが活発だった。しかし、スカウトや選手による金銭授受の問題が発覚してからは、スカウト側も選手側もルールにのっとって行っている印象だが、水面下ではまだ多少はこういう動きが行われているのかもしれない。

甲子園大会、またはU18大会の終了後、ドラフト1位候補にも浮上した吉田投手の進路が大いに注目されることになる。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
金足農業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「154球を投げて完投したうえに、最速の149キロをマークしたのは最終回の九回。それも3球続けてだからね。スタミナも底知れないものがある。これだけのピッチャーが、ホントに進学するのかね」
「ウチの東北担当(スカウト)は、春先から(金足農の)監督にそう言われてるみたいだよ」
これ、14日、甲子園球場のネット裏で実際に交わされたスカウトたちの会話だ。


PAGE TOP