オリックス、中日、ソフトバンク、阪神も吉田輝星投手をドラフト1位候補評価

吉田輝星, 金足農

まだプロ志望を口にしていない金足農・吉田輝星投手だが、プロ側の評価は高まっている。

今年の投手ではトップクラス

進路についてまだ考えていないとしながらも、巨人に行きたいと話した吉田輝星投手だが、他球団も当然、高い評価をしてプロ志望を待つ。

オリックスの長村球団本部長は「プロ志望届を出せば当然、1位候補です」と話すと、中日・西山球団代表も「今年の候補の中では間違いなく特Aランクの投手」と話した。また、福岡ソフトバンクの三笠球団統括本部長も「今年は大学・社会人の投手と高校生の野手というイメージだけど、高校生の投手ではナンバーワンクラス」と話すと、阪神も谷本副社長兼球団本部長が「素晴らしい投手ですね。今後も見させていただきます」と話した。

今年のドラフトは、東洋大の甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手、日体大の松本航投手といった150キロの速球を投げる大学生投手が注目され、高校生は大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手、報徳学園・小園海斗選手の評価が高く、投手なら大学生、野手なら高校生という雰囲気になっている。

高校生投手では倉敷商の153キロ右腕・引地秀一郎投手、浦和学院・渡邉勇太朗投手、日大鶴ケ丘・勝又温史投手、大阪桐蔭・柿木蓮投手、明徳義塾・市川悠太投手の名前が挙がるが、佐々木朗希投手、及川雅貴投手、奥川恭伸投手、西純矢投手といった2年生が、今年の候補に入れても1位になると評価されるなど、3年生投手の評価はやや低かった。

その中で吉田輝星投手は176cmで、186cmの引地投手、190cmの渡邉投手、180cmの勝又投手に比べると将来のスケールの点で評価がどうなるかという所だったが、この夏はストレートで三振を奪う投球で、スケール以上に質の良いストレートが評価された。今年の高校生投手では、実績でも柿木投手と並び、ストレートの質で柿木投手を上回る評価となりそうで、高校3年生NO.1投手と言ってよい。

それでもドラフト会議では、コメントをしているオリックス、阪神、ソフトバンク、中日も、ドラフト1位指名は根尾選手、藤原選手、小園選手を指名しそうで、吉田投手はそれらの選手の抽選を外した時に、入札が競合するかもしれない。またはどこかの球団が単独1位指名を狙ってくるかもしれない。

いずれにしても、まずはプロ志望を待たなければならない。

2018年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2018年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

吉田がプロ志望を明言していないため、各球団は慎重な姿勢だが、剛腕に興味津々だ。オリックス・長村球団本部長は「プロ志望届を出せば当然、1位候補です」。中日・西山球団代表は「今年の候補の中では間違いなく特Aランクの投手」と話した。「今年は大学・社会人の投手と高校生の野手(が上位)というイメージだけど、高校生の投手ではナンバーワンクラス」とはソフトバンク・三笠球団統括本部長。藤原恭大外野手(大阪桐蔭)を1位最有力に挙げている阪神も、谷本副社長兼球団本部長が「素晴らしい投手ですね。今後も見させていただきます」と話した。


PAGE TOP