聖光学院・岡野祐一郎投手、3試合連続完封!

聖光学院, 岡野祐一郎

聖光学院・岡野祐一郎投手が福島大会決勝の学法石川戦を完封で勝利すると、東北大会2回戦の一関学院戦でも7安打6奪三振で完封勝利、続く準々決勝の東海大山形戦では10三振を奪い完封、3試合連続完封勝利を挙げた。準決勝の青森山田戦では6安打2失点で完投している。

岡野祐一郎投手は135kmをマークする右腕で、夏の甲子園ではベンチ入りもしていなかったが、新チームから3年生の芳賀投手からツーシームを伝授されるとピッチングの幅が広がった。秋季大会は東北大会準決勝までの6試合で50回を投げて3失点と抜群の安定感を見せている。来年のセンバツ出場が決定的となり、全国の舞台に登場する。

  •  - 

  • PAGE TOP