来年も高校生遊撃手に注目、八戸学院光星・武岡選手に中日、桐蔭学園・森選手に阪神が評価

桐蔭学園, 八戸学院光星, 武岡龍世, 森敬斗

今年のドラフト会議では、ドラフト1位で根尾昂選手、小園海斗選手、太田椋選手の高校生遊撃手3人が指名された。来年も八戸学院光星の武岡龍世選手、桐蔭学園の森敬斗選手といった高校生遊撃手にプロのスカウトが注目している。

プロスカウト注目

来年の注目遊撃手は、この秋の明治神宮大会に出場していた。八戸学院光星の武岡龍世選手は、1回戦の東邦戦でバックスクリーンに特大のホームランを放つと、2試合でマルチヒットを記録、守備でも安定したプレーを見せた。

学校の先輩に、坂本勇人選手、北条史也選手という強打の遊撃手がいる。武岡選手も強打の遊撃手として注目される。中日の中田スカウトディレクターは「バッティングに魅力がある。しっかり振れる」と話し、高く評価をしている。

また明治神宮大会では、桐蔭学園の森敬斗選手も注目された。関東大会では常総学院戦でサヨナラ満塁ホームランを放ち、決勝戦の春日部共栄戦でも2本のホームランを放って24年ぶりの明治神宮大会出場に大きく貢献した。

明治神宮大会では初戦の筑陽学園戦で3つのエラーをし、ノーヒットに終わってしまう。しかし視察した阪神の吉野スカウトは「肩も強いし長打もある。楽しみな選手」と評価をする。

センターライン

今年のドラフト会議では1位指名された根尾選手、小園選手、太田選手の他、ドラフト2位でも阪神が延岡学園の小幡竜平選手を、巨人が明秀日立の増田陸選手を指名、各球団ともセンターラインの強化として、特にショートの選手がクローズアップされた。

中日は根尾選手の獲得に成功し、京田選手もいる中でショートの指名はあまりなくなるかもしれないが、今年のドラフトで遊撃手を獲得できなかったチームは、来年にこの武岡選手や森選手を狙ってくるかもしれない。

共に来年のセンバツに出場する事は確実で注目が集まりそうだ。森選手は桐蔭学園という事もあり、慶応大進学というイメージも頭に浮かぶが、来年夏ごろには進路の決断が注目されるような選手になってほしい。

2019年のドラフト候補
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

来秋ドラフトもショートに注目 デイリースポーツ紙面「週刊デイリー高校野球」 2018/11/28

 


PAGE TOP