今年チェックしたいドラフト候補(その4)~高校生内野手2~

塚本大夢, 山田椋一, 沢野聖悠, 酒井隼平, 真鍋駿, 木村維心, 梅崎稜大, 中前祐也, 前川夏輝, 小野寺優斗

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手で、ぜひチェックをしてみたいという選手たち。今日は高校生内野手で打撃を中心に注目したい選手を挙げてみます。

大垣日大・小野寺優斗選手

小野寺優斗選手は昨年夏に5番ファーストで出場し、初戦の東海大熊本星翔戦で2本のホームランを放つ。180cm81kgの体もあるスケールの大きそうな右バッター。逆方向にもサク越えを見せるといい、イメージ以上の怪物候補かもしれない。

津田学園・前川夏輝選手

前川夏輝選手は3番、4番を打ちセカンドを守る。昨年秋の東海大会では3試合連続ホームランを放ち、決勝戦では逆方向に放り込む驚異のパワーを見せた。センバツに登場する前川選手に注目したい。

智弁学園・塚本大夢選手

塚本大夢選手は170cmと上背はないが体重はしっかりとあり、昨年春の大会で天理線で2本塁打など5本を記録した。3番でサードを守り、強打のサードとして大成してほしい。

浦和学院・中前祐也選手

中前祐也選手は、昨年夏の南埼玉大会で打率.480を記録し、甲子園でも1番ショートで二松学舎大付戦で2ベース、3ベースヒットを記録、大阪桐蔭戦でも根尾投手からヒット、柿木投手から2ベースを打った。打撃のセンス、守備の動きの良さも光る。

誉・沢野聖悠選手

沢野聖悠選手は、183cm82kgの左のスラッガーで、打率も5割を打ち確実性も伴う強打を見せる。一塁だが動きも良く、いろいろ可能性を見てみたい選手。

姫路南・梅崎稜大選手

梅崎稜大選手は1年秋から3番を打ちってヒットを量産すると、2年では長打力も見せた。サードの動きも良い選手とのことで見てみたい。

鳥取城北・山田椋一選手

山田椋一選手は逆方向にも長打を打てるパワーヒッター、ファーストを守るが他のポジションでも見てみたい。

矢上・木村維心選手

木村維心選手は174cm91kgの選手で、広い石見スタジアムでホームランを何本も見せる。1年生でファーストを打っていたが2年でサードに転向し、守備でも幅の広さを見せたい。

広島商・真鍋駿選手

真鍋駿選手は181cm77kgの均整の取れた身体がある。2年生で4番を打ち、力感のないフォームでもホームランを打てる。体を使ってしっかりとしたスイングで、さらにホームランを量産できれば非常に楽しみ。

宇部鴻城・酒井隼平選手

酒井隼平選手は182cm88kgの体があり、飛距離十分のホームランを放つ。パワーあふれるスラッガーで成長に注目したい。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP