巨人ドラフト1位・高橋優貴投手にヤクルト、広島、中日、阪神が警戒

高橋優貴

巨人のドラフト1位ルーキー・高橋優貴投手が、初の実戦登板となるシート打撃で、坂本選手、阿部選手、岡本選手など主力打者7人に対し3つの三振を奪う投球を見せた。視察したセリーグスコアラーから警戒の声が挙がった。

スクリューとスライダー

この日、高橋優貴投手が対戦したのは、岡本選手、ゲレーロ選手、陽選手、阿部選手、坂本勇選手、岡本選手(2度目)の7人、最初の岡本選手に四球を与えたものの、ゲレーロ選手を一ゴロに抑えると、陽選手、阿部選手から連続三振を奪う。坂本選手に安打性の当たりを許したが、最後の岡本選手からも今度は三振を奪った。主力7人を相手に1安打1四球3奪三振の内容だった。

まだ主力打者はボールを見る段階ではあるが、宮本投手総合コーチは「スクリューがいいと思ったらスライダーがいい。いい変化球が2つある。これがプロとして先発でいけるなと実感した」と話した。また原監督も「今日は一番目立った投手」と話した。

この日はセリーグ4球団のスコアラーがこの投球に注目をしていたが、

○ヤクルト・西沢スコアラー:「変化球でもカウントが取れる実戦タイプ。DeNAの東のようになるんじゃないか。

○阪神・古里スコアラー:「しっかり腕が振れていた。直球、スライダーの切れもいいし、スクリューもいい落ちだった。

○広島・奥スコアラー:「スライダーがいいと聞いていたが、落ちるボールも十分にいいね。抜けるより落ちるというイメージ」

○中日・前田スコアラー:「変化球でも簡単にストライクを取っていた。十分にローテーションに入ってこれるでしょう」

と絶賛をするような声が聴かれた。

高橋投手は八戸学院大で多和田投手の記録を抜くリーグ通算301奪三振を記録している。その片鱗を見せた形となった。今後、ストレートに磨きがかかれば、変化球がさらに活きるようになる。あとはこの投球を続けてできるかどうか、今後も投球の度に注目される事になる。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

007驚いた 日刊スポーツ紙面 2019/2/6

 


PAGE TOP