静清の145キロ右腕・石田裕太郎投手が札幌第一相手に好投

静清高, 札幌第一, 石田裕太郎, 野島丈

センバツに出場をする札幌第一が、静岡で静清高校と練習試合を行い、145キロ右腕の石田裕太郎投手と対戦した。

プロ注目右腕

静清の石田裕太郎投手は145キロの速球と多彩な変化球があり、プロが注目する投手。この日も「変化球を有効に使えた。」と話すように変化球をしっかりと投げられ、6回4安打1失点の好投を見せた。「甲子園に出るチームと戦えていい経験になった」と手ごたえを見せた。

札幌第一は8回まで1-3と劣勢だったが、9回に1点を返すと、エース・野島丈選手の2点タイムリー2ベースヒットで逆転勝利、菊池監督も「甲子園でもこういう野球をすれば、ひっくり返せると分かってほしい」と話した。野島選手は打撃も良く、この日はサードでスタメン出場し、7回からリリーフとして登板して3回を無失点に抑える活躍を見せた。

札幌第一の菊池監督は「キレも変化球もいい石田君の球を見られてよかった。甲子園でもこういう投手と対戦がある」と話し、好投手・石田選手と対戦したことに大きな収穫だったと話した。

また静清の長田監督も「初戦としてはよかった。テーマの送りバントもうまく決めていた」と話し、こちらもセンバツに出場する相手と接戦を演じ、手ごたえを感じていた。

札幌第一高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
静清高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

札幌第一は9回に1点を返してなお1死二、三塁でエース野島丈(2年)が右中間を破る逆転2点二塁打。野島は三塁で先発出場し、投げても7回から3回無失点と攻守に力を発揮した。

先発した石田裕太郎(新3年)が6回を4安打1点に抑える好投を見せ、「変化球を有効に使えた。甲子園に出るチームと戦えていい経験になった」と手応え。


PAGE TOP