菰野・岡林勇希投手に巨人、阪神、北海道日本ハムなど6球団が視察

菰野高, 岡林勇希

菰野高校の150キロ右腕・岡林勇希投手が春季三重大会のいなべ総合戦で先発したが、9回を投げて181球を投げた。この試合には巨人、阪神、北海道日本ハムなど5球団のスカウトが視察に訪れた。

9四球も11奪三振

150キロの速球を投げるものの、まだまだ制球に課題がある岡林勇希投手、この日も9つの四球を与えてしまい、「途中から四球が多くなって自分を苦しくしてしまった。球速を意識し過ぎてフォームがばらついて四球が多くなってしまっている。課題を克服できていない」と反省のコメントをしている。

三重大会初戦でも4回4安打2失点という内容だったが、この日も四球によって野手のリズムが悪くなり、エラーなども出て9回で6点を失った。結局181球を投げてしまった。それでも11個の三振を奪う力も見せている。この日は巨人、阪神、北海道日本ハムなど5球団のスカウトが視察に訪れたが、また評価の分かれるような内容となってしまった。

岡林投手も4月上旬に行われたU18代表一次候補合宿に参加したが、この冬に左手を大きく上げるフォームに改造をしたものの、「慣れていない分、安定していない。」と話す。しかし「夏までにはフォームを安定させて、勝てる投手になりたい」と先を見据えての投球をしている。

試合は6-6で延長12回まで同点、タイブレークとなった13回に4点を勝ち越し菰野高校が勝利した。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

プロ注目の最速150キロ右腕で菰野の岡林勇希(3年)が9回11奪三振で、巨人、阪神、日本ハムなど視察した5球団のスカウトにアピールした。味方の失策に足を引っ張られて6失点(自責2)したが、勝ち越しは許さなかった。

 


PAGE TOP