夏の神奈川大会展望:横浜隼人の188cm左腕・佐藤一磨投手は質の良い143キロ

横浜隼人, 佐藤一磨

全国のトップを切って、夏の高校野球神奈川大会の組み合わせが決定した。横浜高校の153キロ左腕・及川雅貴投手が注目される中、横浜隼人の188cm左腕・佐藤一磨投手も注目される。

夏の神奈川大会

神奈川大会で注目されるのは、横浜高校の及川雅貴投手、桐蔭学園の森敬斗選手、東海大相模の遠藤成選手などがいるが、及川投手と同じく左腕の注目選手として、横浜隼人の佐藤一磨投手の名前が挙げられる。

佐藤一磨投手は高校入学時に186cmの身長があった左腕で、現在は188cm88kgと立派な体を作り上げている。それでも球速は143キロと、及川投手とは10キロの差があるが、球の回転数を計測すると2300回転でプロの投手の平均に匹敵する。高い位置からしっかりと腕が振られて、この質の良い球を投げられれば、高校生ではなかなかまともに捉えられないかもしれない。

組み合わせでは横浜高校とは反対の山となり、対戦するには決勝に進出する必要がある。まずは一つ一つ勝ちを重ねたい。

神奈川大会展望

スポーツ紙各紙で神奈川大会の展望を載せているが、4年連続代表を狙う横浜と、春の関東大会王者・東海大相模の2強が軸としている。横浜には及川投手だけでなく、2年生の松本隆之介投手、木下幹也投手もおり、内海貴斗選手、小泉龍之介選手、度会隆輝選手などタレントがそろう。一方、東海大相模も遠藤成選手が投打に活躍が期待され、145キロを記録した冨重英二郎投手や1年生の石田隼都投手も力を見せはじめ、打線も来年の目玉候補・西川僚祐選手や山村崇嘉選手、加藤響選手などの2年生もそろう。

他に名前が挙がった所では、2年生・安達壮汰投手が成長をした春準優勝の桐光学園、森選手がおりセンバツ出場をした桐蔭学園、鎌倉学園、そしてノーシードの慶応、横浜隼人などもシード校を撃破する力が十分ある。

特に慶応は、東海大相模のブロックに入った。勝ち上がれば4回戦で東海大相模と激突するが、昨年の北神奈川大会でも慶応が東海大相模を下しており、序盤の大一番となる。

2019年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
2019年度以降-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

プロの投手の平均に匹敵する2300回転(1分間の回転数)を誇る切れのいい直球で、激戦区を勝ち抜くつもりだ。


PAGE TOP