夏の高校野球・宮崎大会の組み合わせ決定、144キロ左腕・川島隆志投手注目

武藤敦貴, 平野大和, 川島隆志, 鶴田幸多郎

夏の高校野球・宮崎大会の組み合わせが決定した。宮崎大会の展望をまとめる。

スポニチ

昨秋、今春と九州大会に出場した小林西の安定感が光る。センバツ初出場の日章学園は、トス湯人の成長次第で連続出場も。シード富島-日南学園の激突は好カード。宮崎日大、聖心ウルスラ学園など常連も夏へ間にあわせてくる。宮崎第一、都城東も番狂わせの予感。

日刊

本命なき大会か。今センバツ初出場の日章学園が、主砲の平野大和外野手を中心とする自慢の打線を武器に春夏連続出場を狙う。さらに昨夏代表校の日南学園をはじめ、春季九州大会に出場した小林西も地力はあり実力は拮抗

スポーツ報知

混戦模様だが、今春優勝の小林西は140キロ前後の直球とスプリットを操る鶴田幸多郎を軸に、安定感抜群。144キロ左腕・川島隆志を擁する宮崎第一、左腕・武藤敦貴ら豊富な投手陣をそろえる都城東は初出場を狙う。センバツ出場の日章学園、強打の宮崎日大も侮れない。

また西日本スポーツでは、宮崎第一の川島隆志を取り上げている。川島投手は春の宮崎大会の準々決勝と準決勝で144キロを記録し、一人で5試合すべてを投げぬいて準優勝に導いた左腕は、昨年秋の宮崎商戦でも14奪三振の快投を見せている。そして、5月12日に行われたMRT招待試合で、明石商を相手に5安打9奪三振で完封し、「あれは自信になりました」と話しているという。

2019年度-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト


PAGE TOP