滋賀大会の組み合わせが決定、光泉・吉田力聖投手がプロ注目投手

有馬諒, 竹本徹, 林優樹, 吉田力聖, 住谷湧也

夏の高校野球・滋賀大会の組み合わせが決定、スポーツ紙各紙の展望で載っている選手を紹介します。

スポニチ

昨夏から県内無敗の近江は主将の有馬諒、エース林優樹のバッテリーが安定感抜群。打線もつながり本命の座は揺るぎない。左腕・尾崎完太、右腕・竹本徹と好投手をそろえる滋賀学園が対抗。春4強の彦根東と綾羽に加え、投手力のいい光泉、昨秋準Vの近江兄弟社、比叡山も上位を狙う。

日刊

昨夏甲子園8強バッテリーが残る近江がリード。住谷湧也外野手が引っ張る打線も充実。尾崎完太投手を中心に守備力が高い滋賀学園は10年ぶりの夏出場を狙う。吉田力聖投手擁する光泉、近江兄弟社、彦根東、綾羽、高島も有力

報知

春野近畿大会を制した近江は昨夏から3季連続で県V。U18日本代表候補左腕の林優樹、捕手の有馬諒、中堅・住谷湧也らセンターラインが強固。滋賀学園は尾崎完太、光泉は吉田力聖のプロ注目投手がキーマン。春4強の彦根東、秋2位の近江兄弟社が大本命に挑む。

2019年度-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP