京都翔英・遠藤慎也投手が6回11K、ソフトバンク・中日・ヤクルトが視察

京都翔英, 遠藤慎也

京都翔英の145キロ右腕・遠藤慎也投手が1回戦で登板し、6回1安打11奪三振の快投を見せた。

5回までノーヒット

遠藤慎也投手は176cmの右腕で最速は145キロを記録し、京都屈指の好投手としてプロも注目する。

この日は京都大会1回戦の桃山戦で先発すると、「6割くらい」という力で球速は140キロに抑えたものの、5回までノーヒットピッチングを続け、4回には3者連続の空振り三振を奪うなど毎回奪三振を記録した。6回に初ヒットを浴びてこの回で降板したが、ヒット後のバッター2人も「少し力を入れた」とギアを挙げて2者連続で三振を奪った。

結局、6回1安打11奪三振無失点の快投、「少し抜けたボールや引っかけたボールが多かったので、自分ではまだまだだと思います」と話しながら、「自分の持ち味である真っすぐでどんどん押していく投球ができた」と話した。

この遠藤選手の視察に、福岡ソフトバンク・中日・東京ヤクルトの3球団のスカウトが視察し評価をしている。

◎福岡ソフトバンク・稲嶺スカウト:「初めて見たけど、コントロールが良くてバランスが良い。ボールを離す出力も。本当に楽しみ。体が出来てきたら、自然とボールも速くなってくる。」

◎中日・中田アマスカウトアドバイザー:「しっかりコースも突けるし、球の質が良い。球速は出ていないけど、だからこそ非常に安定感がある。肩を使って目いっぱい投げれば球速も出ると思うし、そうなれば間違いなくプロのレベル。」

◎東京ヤクルト・阿部スカウト:「スライダーがいいし、右打者の内角を突けるコントロールもある。どの球もある程度、制球できるので、三振も多く取れる。コントロールは良い方なので、全てがもうワンランクアップすれば。今後も含めて注目です。」

プロ注目の投手が夏始動、まだ伸びしろも十分ありそうな投手。ドラフト会議では4位前後で指名されそうだ。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト

▽ソフトバンク稲嶺スカウト 初めて見たけど、コントロールが良くてバランスが良い。ボールを離す出力も。本当に楽しみ。体が出来てきたら、自然とボールも速くなってくる。
▽中日中田アマスカウト・アドバイザー しっかりコースも突けるし、球の質が良い。球速は出ていないけど、だからこそ非常に安定感がある。肩を使って目いっぱい投げれば球速も出ると思うし、そうなれば間違いなくプロのレベル。
▽ヤクルト阿部スカウト どの球もある程度、制球できるので、三振も多く取れる。コントロールは良い方なので、全てがもうワンランクアップすれば。今後も含めて注目です。

ネット裏では3球団が視察。ヤクルトの阿部健太スカウトは「スライダーがいいし、右打者の内角を突けるコントロールもある」と評価した。


PAGE TOP