夏の高校野球・ 徳島大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

白川恵翔, 近藤駿, 塩唐松宏将, 浮橋幸太, 坂本賢哉, 村田龍哉, 浦和博, 村田和至, 小角翼, 手塚隼人, 有持泰成, 石上泰輝, 大西祐吾, 河野勇真, 細谷海斗, 西野知輝, 竹内勇輝, 仁木登真, 鈴木連, 冨崎廉

夏の高校野球・徳島大会が7月13日に開幕する。プロ複数球団が注目する内野手がおり、スケール的に大きな選手は多くないが、隠れた捕手の逸材もそろう。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年のドラフト会議では指名された選手はおらず、注目された選手も少なかった。

徳島商の村田龍哉選手は、高校1年生の時からプロのスカウトが追っている。177cmの右の内野手で、豪快なスイングは高校通算28本塁打、守備でもフットワークとグラブが下から下から出てきてスムーズに送球ができる。また投げても141キロを記録する強肩もあり、3拍子揃った選手として、プロ志望届を提出すればドラフト会議での指名がありそうだ。

その他の選手

池田高の白川恵翔投手も1年時からプロのスカウトが視察のために姿を見せていた。中学時代に強肩を見せ、150キロを投げたいと池田高校に入り、2年で140キロを記録した。現在は春に球速を3キロ伸ばして143キロ、元々80kg半ばだった体重を78kgまで絞り、体のキレを出すようにしている。球の回転も多い投手で、球速だけでない速さがあるが、この夏に目標をクリアするか。

鳴門渦潮は3年生の冨崎廉投手も右サイドから130キロ後半を記録するが、2年生の鈴木連投手と仁木登真投手が共に140キロに到達し、本格派としての気配を見せている。鳴門も3年生の竹内勇輝投手が140キロを記録し、左の西野知輝投手も136キロを記録している。徳島科学技術の近藤駿投手は180cm90kgの体から143キロの球を投げ、常時130キロ後半を記録する体力がある。富岡西の浮橋幸太投手は2年時に140キロを記録して以降、球速の更新はないが、投球の内容は甲子園も経験して確実に濃くなっている。

川島の細谷海斗投手も176cm80kgの右腕で130キロ中盤のストレートを低めに集められる。徳島北の河野勇真投手は球速では徳島トップクラスの142キロ、制球の課題が克服されれば、注目選手になってくる。池田辻の大西祐吾投手は175cm75kgの左腕投手で、130キロ後半を記録する左腕でトップクラスの投手。

徳島商は村田選手だけでなく、石上泰輝選手もすごい。ベースランニングで13.78秒を記録する俊足と遠投116mの肩がある抜群の身体能力をベースとしたプレーを見せる。鳴門高校の塩唐松宏将選手も2年時からセカンドとしてチームの中心だった選手で、徳島屈指の内野手。守備は定評があるが打撃でもチームを引っ張る。鳴門渦潮の有持泰成選手もフィールディングの良さが評価されており、また投手としても140キロを記録する強肩の内野手。

鳴門渦潮は捕手の手塚隼人選手もフットワークの良い捕手でセカンドまで1.9秒台、池田の小角翼選手は178cm83kgの体がある捕手で、セカンドまで1.9秒の肩と通算18本塁打の長打力がある。阿波の村田和至捕手もセカンドまで1.9秒台で通算本塁打が20本、鳴門の浦和博選手は171cmと上背はないが、高校通算20本塁打を超す長打力を放つ。矢竹敏征選手も振りの鋭い選手でコンタクトの技術もある。

富岡西は坂本賢哉選手も3番としてヒットを打つ技術と打球の速さがある。甲子園を経験した安藤稜平選手や大谷圭吾選手といった180cmを超す大型選手がどこまで成長するか。海部高校の葛迫京平選手も広角に打つ中距離ヒッターとのこと。

優勝予想

昨年は鳴門高校が甲子園に出場した。秋は川島高校が優勝し徳島商が準優勝、春は徳島北が優勝し徳島商が準優勝をしている。

徳島商は村田選手を軸にチームの形がしっかりとできており、優勝候補筆頭。ただし、川島や徳島北は好投手で勝ち上がっており、他にも池田や徳島科学技術なども投手の奮闘で勝ち上がってきそうだ。

その中で富岡西や鳴門渦潮、鳴門は選手層も厚く、実績もあるチームで徳島商の対抗馬となりそうだ。

2019年度以降-高校生-徳島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP