夏の高校野球・ 愛媛大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

澤田康平, 佐藤勇斗, 沢田和希, 村上滉典, 山田響, 平安山陽, 根本大蓮, 大村侑希, 土居毅人, 片山雄, 高橋晟士朗, 明智拓人, 水田翔大, 林優斗, 石川皓裕, 江口勝生, 藤本大洋, 山脇康成, 田中択磨, 真鍋魁, 豊嶋航平, 近藤隆聖, 柴垣大, 渡邉光

夏の高校野球・愛媛大会が7月13日に開幕する。将来が楽しみなスケールの大きな選手もおり、注目選手は比較的多いが、今年のドラフト候補で指名されそうな選手はいない。地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年のドラフト会議では松山聖稜の土居豪人投手が千葉ロッテのドラフト8位で指名された。

今年はドラフト会議で確実に指名されそうな注目選手はいない。

その他の選手

今治西の村上滉典投手は171cmの左腕だがこの春に143キロを記録し名前がググっと挙がってきた。50m5.9秒の足もあり外野手の道もあるが左腕という事で投手として力を伸ばしたい。松山城南の渡邉光選手は184cmの選手で、投げては右投手として138キロを記録し、大型選手ながら抜群の俊足を見せる選手。

松山聖稜の大村侑希選手は185cm85kgの右の大砲、まだ確実性は課題だが長打を打つ力は評価される。松山商の佐藤勇斗選手は180cmの左バッターで鋭い打球を放つ選手として期待される。川之江の柴垣大選手はショートとして抜群の守備を見せ、1番バッターとしてもパンチ力がある。新居浜南の近藤隆聖選手は太い体で抜群の飛距離を見せる。

松山聖稜の根本大蓮投手は188cm89kgの大型右腕、球速はまだ130キロ台でいずれブレークしていくことを期待したい。2年生の平安山陽投手は141キロを投げる投手で甲子園を経験した。北条の豊嶋航平投手は180cm69kgと細身だがこの春に142キロを記録した成長株。西条の真鍋魁投手も141キロのキレの良い球を投げる。

聖カタリナの田中択磨投手も142キロの速球を投げる本格派投手、今治西は右の沢田和希投手も138キロの速球を投げ、安定感を見せる。新田の澤田康平投手は182cmの左腕投手、まだ結果を見せられていないが素質が良い。八幡浜の山脇康成投手はリリーフで登板し130キロ後半の速球を投げ、今治北の藤本大洋投手も左腕で130キロ後半の球をインコースにズバリと投げる。新居浜商の江口勝生投手、三島の石川皓裕投手も139キロの速球を投げ、夏のピッチングが注目される。

1,2年生では済美に、1年生時にホームランを放つなど活躍を見せた2年生の山田響選手の他、1年生の明智拓人選手はいきなりショートを任されている。1年生右腕の水田翔大投手と林優斗投手も評判の良い選手で1年生でベンチ入りをしそう。他のチームでも西条の高橋晟士朗投手は185cmから141キロの速球を投げ、宇和島東の土居毅人投手、帝京五の片山雄投手も130キロ後半を投げ、松山聖稜の平安山投手のライバルとなりそうだ。

優勝予想

昨年は済美が優勝し、甲子園でも勝ち上がっていった。秋は帝京五が優勝し聖カタリナが準優勝、春は今治西が優勝して八幡浜が準優勝と、目まぐるしく上位が変わっている。

甲子園を経験した選手のいる、松山聖稜、済美が強そうだが、試合巧者で投手がそろう今治西が対抗、他にも宇和島東、帝京五、八幡浜、新居浜商、聖カタリナ、西条、松山商など挙げればほとんどのチームが挙がってしまうほど混戦と言える。

2019年度以降-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト


PAGE TOP