夏の甲子園2019特集~その1~今年のドラフト注目投手編

清水大成, 西舘勇陽, 奥川恭伸, 飯塚脩人, 林優樹, 池田陽佑, 香川卓摩, 西舘昂汰, 前佑囲斗, 鈴木寛人, 谷幸之助, 赤塚健利

夏の甲子園出場を決めたチームとその選手たち。その中で今年の秋のドラフト会議で注目されそうな選手を紹介します。

ドラフト1位候補

今大会に出場する選手で、現時点でドラフト1位候補として名前が挙げられるのは、星稜・奥川恭伸投手の一人となった。ここでは別格として扱いたい。

センバツでは履正社を完封するなど、ストレートに多彩な変化球をコーナーに投げ分ける投球を見せた。その後、疲労を取るために春の大会は登板をせず、夏に合わせて調整をすると、石川大会では最速で158キロ、力を入れた時はだいたい153キロ前後を記録するようになり、持ち前の変化球のコントロールもセンバツと変わりはない。

10年に1人の投手という評価に高まった。相手の揺さぶりに動じる事なく、落ち着いて投げていければ、勝ち上がれる投手だろうが、スカウトから見れば、球数を投げすぎてリスクが高まることは心配だろう。

投手BIG5

奥川投手を除き、投手で特に注目したいのは、花巻東・西舘勇陽投手、霞ヶ浦・鈴木寛人投手、習志野の飯塚脩人投手、津田学園・前佑囲斗投手、筑陽学園・西舘昂汰投手。

その中で最も評価が高いのは霞ヶ浦・鈴木投手だろう。186cmの右腕で球速は150キロ、非の打ち所がないフォームから、低めに伸びのあるストレートと変化球を投げる。甲子園などの経験が他の投手に比べると少ないが、今大会で奥川投手に評価が並んでくる可能性もあり、高校四天王の入れ替わり候補の一番手だろう。

習志野の飯塚投手は体はほかの投手ほど太くない。しかし、芯の強さがあり150キロのストレートを投げ、リリーフで登板した時には、制球も変化球も安定している。要所では140キロ中盤を連発してバッターに襲い掛かる気持ちの強さもある。

津田学園・前投手はこの夏に152キロを記録、体の大きな投手で、角度のある綺麗なストレートではなく、やや動くような重そうな球を投げる投手で、変化球を織り交ぜるような投球だったが、この夏はリミッターを外して140キロ後半の球で力押しを見せた。まだポテンシャルを残している。

筑陽学園の西舘投手は最速は145キロだが、噂では150キロを記録しているという。187cmの体から低めに丹念に投げられるストレートを投げ、福岡大会ではスタミナも見せた。力の出力をコントロールして投げており、本気を見せたらプロのスカウトの目が鋭くなる球を投げるのではないかと思う。

花巻東の西舘投手は登板すれば失点をするなど、まだ試合を支配できる所まで入っていない。しかし、力の入った時のストレートは150キロを記録し、やはりポテンシャルは怪物クラスのものを持っていると感じさせられる。

その他にも好投手

その他では、関東第一・谷幸之助投手、近江の林優樹投手、履正社・清水大成投手、智弁和歌山・池田陽佑投手、高松商・香川卓摩投手を注目投手と挙げたい。

関東第一・谷投手は東東京大会で自責点0、下半身をあまり使わずに投げているが140キロ中盤を記録する。高校卒業後にいろいろと自分で分析しフォームの見直しを行っていければ、将来は150キロを投げる投手となりそうだ。

近江の林投手は柔軟な左腕、体は大きくなくて細いが、大きく足を上げた、その力をうまく上体に繋げ、140キロクラスの球を投げる。腕の振り、上体の使い方が素晴らしく、球数を投げてもそんなに故障はしないのではないかと思う。

履正社の清水投手は、左から140キロ超の球を投げる。大きく変わったという印象はないものの、ストレート、変化球の一つ一つの精度や質は高まっている感じで、センバツのように奥川投手とまた投げ合ったら、もっと長いイニングを0-0で投げ合えるだろう。

高松商の香川投手もセンバツで完封劇を見せたが、この夏も登板すればしっかりと抑える風格を持つ。体が大きくないが145キロ前後の球を投げ、打者はやはり差し込まれる。エースとして信頼度が高く、香川投手が登板すれば味方打線も奮い立つ。

智弁和歌山の池田投手は球速を149キロまで伸ばしており、春以降大きく成長を見せた。安定度という点では少し沈んだかもしれないが、躍動感あるマウンドは是非注目したい。

もう一人

そしてもう一人、隠し玉編でも登場させようと思うが、怪物候補がいる。中京学院大中京の赤塚健利投手は193cmの大型右腕投手で、最速は146キロを記録する。フォームはまだバラバラなところがあるが、岐阜大会ではリリーフで登板し、三者三振に斬って取る圧巻の投球を見せた。

中京学院大中京は先発の不後祐将投手、2年生の元謙太投手も素晴らしく、赤塚投手はリリーフで登板し、一人を打ち取って交代するようなワンポイント限定で投げるような場面が多い。素材型で、まだ長いイニングを投げさせると崩れるような所があるかもしれないが、甲子園でも同じように、試合をずっと見ていないとその投球が見られないだろう。

素材では今大会でBIG5に並ぶ投手だと思う。

甲子園出場決定チームとスポーツ紙各紙のチーム評価
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト


PAGE TOP