日体大荏原の宮下大地投手が3安打9奪三振完封

宮下大地, 日体大荏原

来年のドラフト候補投手と期待される日体大荏原の宮下大地投手が、3安打9奪三振で完封勝利を挙げた。

とんでもない投手に

宮下大地投手は180cm70kgの右腕で、今夏から背番号1をつけている。夏は初戦を5回コールド完封、3回戦の日本ウェルネス戦では9回8安打2失点で完投勝利を挙げ、4回戦の岩倉戦では8回9安打4失点も147キロ右腕の宮里優吾投手と投げ合った。

相原監督は都立雪谷時代に鈴木優投手(2014年オリックスドラフト9位)を育てているが、宮下投手について、「手足が長く、握力も70キロあって、球のスピンが利く。体重があと10キロ増えれば、とんでもない投手になる」と期待を込めて育てている。

今大会は右肩の炎症明けで1次予選の初戦の登板を回避し、この日の昭和第一学園戦に満を持して先発をすると、2回にノーアウト1,3塁のピンチを迎えるがこれを無失点に抑え、130キロ後半の速球とスライダー、チェンジアップなどで、3安打9奪三振で完封した。「尻上がりに力を入れた。直球で押せてよかった」と話した。

昭和第一学園にも140キロの速球を投げる舘慎太朗投手がいるが、この日の試合はベンチ外だった。田中監督は、「疲労があった。将来のある選手なので、本大会から起用できればと思っていた」と話し、予選を勝ち上がって都大会に進出した時に登板させる予定だったという。

来年のドラフト候補同士の投げ合いとはならなかったが、宮下投手がしっかりと結果を残した。この秋の勝ち上がり、そして冬のトレーニングで体重が80kgになった時、どんな球を投げているのか非常に楽しみ。

2020年度-高校生のドラフト候補リスト

右肩の炎症明けで、大事を取って14日の1次予選初戦の登板を回避。「けがで出られなかった分も、しっかり投げられた」。2回に右中間三塁打、四球で無死一、三塁とされたが、本塁は踏ませず。「尻上がりに力を入れた。直球で押せてよかった」。130キロ台後半の直球にスライダー、チェンジアップなどを織り交ぜ、9三振を奪った。


PAGE TOP