健大高崎の注目選手ー2020センバツチームの紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は関東チャンピオンの健大高崎。

健大高崎の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:下慎之介投手、183cm82kgの左腕投手できゅそくは141キロ、ストレートの伸びが光り、左バッターのインコースへと決める。その後にくる外角のスライダーとのコンビネーションは抜群。プロも注目する本格派左腕。

注目度B:橋本拳汰投手、191cmから142キロの速球を投げおろす。中学時代から注目されていたが、手足がしびれる胸部出口症候群に悩まされていた。しかし2年秋の関東大会・山梨学院戦で初完投初完封勝利を挙げ、その実力を見せ始めた。

注目度B:戸丸泰吾捕手、中学時にNOMOジャパンで主将を務めた選手。多彩な力のある投手陣をリードし、セカンドまで1.8秒台の肩もある。

注目度B:小澤周平選手(2年)、1年時から天才バッターと注目され、2年秋も公式戦で値千金のホームランを放つなど練習試合含めて12本塁打。2塁打、3塁打も多い打撃のキーマン。

注目度C:橋本脩生選手、ショートを守りナインによく声をかける。昨年秋は公式戦11試合で4本の3塁打に5盗塁など、50m5.9秒の足をいかんなく発揮する。

注目度C:朝井優太投手、U15代表に選ばれた投手、腰痛に悩まされたが力は十分。

注目度C:桜井秀太投手、180cm82kgの体があり、140キロの速球を投げる。下、橋本に続く3番手として是非チェックをしたい。

注目度C:古滝友哉選手、俊足ぞろいのチームの中でも50m5.8秒とNO.1の足を見せ、2年秋は75試合で45盗塁を記録する。打撃はパンチ力も見せるが確実性をチェックしたい。

注目度C:戸沢昂平選手、50m5.9秒の足を見せ、63試合で34盗塁を記録。肩も遠投110mと強肩の外野手。まずはその能力を確認し、打撃の向上に期待したい。

注目度C:山本遼哉選手、明治神宮大会で延長10回に満塁ホームランを放つ活躍を見せた選手。遠投100mに50m6.1秒の高い身体能力を持つ。

注目度C:山畑陸選手、164cmと小柄だが小学生時代に相撲で西日本チャンピオンになるなど体にパワーがある。50m6.1秒の足も見せる。

注目度C:木川玲選手、177cmとチームでは身長が高く、遠投100mに50m5.9秒と高い身体能力がある。秋はホームランも放っており、レギュラー争いに加わる。

チーム

投手陣は大型の左右の2枚看板がそろい、下・橋本の2人は共にプロ注目投手、甲子園でも完封できる実力がある。また、朝井投手、桜井投手の力は十分ある。

打線は、近年は機動力だけではないチームになっているが、それでも50mを5秒台で走る選手が4人、ほとんどが6秒台前半。体が大きくて目立つ選手というのは少ないものの、160cm台から170cm台前半ながら高い身体能力の選手が集まっており、関東チャンピオンになったのもうなづける。

投手が2点程度に抑え、打線は繋がりで5点を奪う。派手な戦いにはならないかもしれないが、確実に勝ってくる強さがある完成度の高いチーム。

健康福祉大高崎高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント