法政大・石川達也投手が3回5Kパーフェクト、阪神スカウトが評価

法政大, 石川達也

法政大の石川達也投手が、オープン戦で3回パーフェクトピッチングを見せ、先発に名乗りを挙げた。

阪神スカウト評価

石川達也投手は横浜高校で、藤平尚真投手と共に注目された左腕投手。最速146キロのストレートと大きなカーブ、スライダーがあり、左腕らしいピッチングを見せる。法政大に進むと2年生の春からリーグ戦に登板し、その秋にはリリーフながら3勝0敗の成績を残した。

しかし3年生となった昨年は春は1イニングのみ、秋も1回1/3イニングのみの登板しかできず、このオフはフォームの改造に取り組んでいた。高校時の良い時の動画を見て修正をしたものの、試行錯誤がうまくいかず、「先週くらいまで130キロ後半しか出なかった」という状態だった。

この日は桐蔭横浜大とのオープン戦で先発をすると、球速は144キロを記録した。140キロ前半だが抜群のキレのあるストレートが復活し、フォークボールとのコンビネーションで3回を投げてパーフェクトピッチング、5つの三振を奪った。「うれしい。フォームがうまくいった。テーマはテンポよく投げ、四球を出さないことだったので課題は達成できました」と話した。

この日は阪神の葛西スカウトが視察をしたが、「制球が良いし見づらい」とフォームの特徴を評価した。また青木監督も急な復活ピッチングに「あまりに良くてびっくり。これを続けてほしい」と話した。

対戦した桐蔭横浜大のドラフト候補スラッガー・渡部健人選手は、中学時代に中本牧シニアでチームメイトだったが、石川投手のフォークボールに空振り三振を奪われ、「すごい逃げていく球だった」と話した。

先発争いへ

青木監督は「このままいけばリーグ戦先発もいけそう。心強い」と話した。

法政大は150キロを投げる右腕の高田孝一投手、U15代表で常総学院時代にプロ注目だった鈴木昭汰投手が先発として期待されており、またドラフト候補としても注目される。高田投手がここまでリーグ通算6勝1敗、昨年秋に5試合に先発し3勝0敗、鈴木投手はここまで1勝2敗だが、昨年春に4試合に先発し、秋も1試合に先発をしている。

この2枚看板の中に石川投手も加わってくれば、レベルの高い投手陣として東京六大学の他のチームを恐れさせることになりそうだ。そしてドラフト会議でも法政大の選手の指名でにぎやかになるかもしれない。石川投手は「同級生の2人には負けたくない」と話し、「オープン戦、春のリーグ戦と結果を残して、プロに行きたい」とプロ志望を明らかにした。

「フォームに悩んでいたが、ようやくまとまった」と先発に立候補したこの日は失投がほとんどなく、安定感抜群の制球。最速144キロを計測した。「先週くらいまで130キロ後半しか出なかったのでうれしい。フォームがうまくいった」と手応え。それでも「これで満足することなく頑張りたい」と背筋を伸ばした。

最速は144キロを計測。視察した阪神の葛西稔スカウトは「制球が良いし見づらい」と評価。

青木久典監督(47)は「ビックリしましたね。今日の石川はよかった。このままでいってくれれば先発でいける」と、太鼓判を押した。

チームは24日から鴨川合宿に入る。石川は「オープン戦、春のリーグ戦と結果を残して、プロに行きたい」と目を輝かせる。

「大学に入り、2年で結果を出した後、右足の上げ方が気になって、いろいろフォームを試してきた。昨年は春も秋もよくなくて、この前、足からではなく手からに(始動を)したら、しっくり来るようになった」

 自己最速の146キロまでは計測されなかったが、直球の最速は144キロで、変化球の制球もほぼイメージどおりで、「テンポよく投げることと、四球を出さなことを考えていて、それができてよかった」と笑顔も見せた。


PAGE TOP