花咲徳栄の注目選手ー2020センバツチームの紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は花咲徳栄。

花咲徳栄の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:井上朋也選手、181cmの右の大砲で今年のスラッガー候補では筆頭格の選手。レフトへのホームランは打球が消え、逆方向のライトへもスタンドに放り込む。50m6.1秒と足もある。

注目度B:高森陽生投手、最速は136キロで130キロ前半だがキレの良い球に、カーブ、ツーシーム、スライダー、チェンジアップ、フォークと多彩な変化球を投げる。さらに成長が見込まれる。

注目度B:浜岡陸選手(2年)、昨年秋は1年生ながら打率.529を記録。ボール球をしっかりと見送る技術の高い選手。この春はサードからショートへ転向し、韮澤の後を継ぐ。

注目度C:田村大哉選手、昨年秋にショートを守り、埼玉大会で打率.670を記録、2ベース、3ベースヒットも多い。センバツではセカンドを守る。守備での動きと打撃の強さを見たい。

注目度C:南大輔選手、1番センターとして、橋本吏功選手の後を担う。昨秋は8四球を選び打率.400と出塁をした。打撃の強さを見たい。

注目度C:小林虹希捕手、昨秋はスタメンで出場、遠投110mの強肩選手。この春は一塁で出場していた打撃のある中井選手が捕手にコンバートされそうで、肩で見せたい。

注目度C:鈴木朋也投手、180cmの上背がある右腕で、力のあるストレートと縦に割れるカーブを見せる。登板したら球の強さに注目したい。

注目度C:松田和真投手(2年)、180cm85kgの期待の右腕、力のある球を投げる。この春に全国デビューをするか。

注目度C:堀越啓太投手(2年)、182cm88kgの大型右腕でこちらも期待されている。全国デビューとなるか。

チーム

投手陣は秋に成長を見せた高森投手が安定感を見せるが、連戦を勝ち抜くうえでは鈴木投手や新2年生の台頭が欠かせない。打線は井上選手の存在は大きい。1番・南選手、3番・浜岡選手の成績と、5番を打つ選手の役割が大きくなりそうだ。

投手が4点程度に抑え、打線が7点を奪う。投手が疲れを見せた時に打撃がそれに応えられるか。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント