東都2部昇格・大正大、池浦和紀捕手がオープン戦で本塁打

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

今年から東都リーグ2部に昇格する大正大、この日は横浜商大とオープン戦を行い、捕手の池浦和紀選手がホームランに2ベースヒット2本で3打点の活躍を見せた。

専大松戸出身

池浦和紀選手は172cmの捕手で、専大松戸ではセカンドまで1.9秒台の肩を見せていたが控え捕手だった。大正大に進学すると昨年秋は1本塁打を放ち、正捕手として安定してリードを見せた。3部リーグ優勝を果たすと、入れ替え戦で東農大に勝ち越し、2部リーグ昇格を決めた。

池浦選手はその入れ替え戦は1戦目と3戦目はノーヒットも、2戦目には2ベースヒット2本を打っている。そしてこの冬は「冬は強く振る打撃に徹した」と話すと、この日のオープン戦ではセンターオーバーのホームランに2本の2ベースヒットを見せた。

東都2部は拓大、青学大、日大、専修大、国士舘大を相手に非常にレベルの高い争いが待っている。しかしプロのスカウトもたびたび姿を見せるなど、そこで活躍をすればその目に留まる。

2部での戦いにも注目したい。

大正大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

大正大の最上級生捕手・池浦が24日、横浜商大とのオープン戦で、中越え本塁打と二塁打2本で3打点。専大松戸高時代は捕球から二塁までの送球タイムが1秒9台を誇る強肩ながら、2番手捕手。大学入学後は東都3部で3度優勝、昨秋の入れ替え戦で2部復帰を決めた。「冬は強く振る打撃に徹した」と池浦。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント