明石商の注目選手ー2020センバツチームの紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は昨年ベスト4の明石商。

明石商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:中森俊介投手、最速151キロを記録し、昨年は春・夏ベスト4入りの立役者。制球力も高く、アウトコース、インコースにストレートを投げ込める。スライダーなど変化球も良く、星稜・奥川投手の道を進んでいける投手。

注目度A:来田涼斗選手、昨年センバツで先頭打者&サヨナラ弾を放った1番バッター、スイングスピードも速く思い切りの良いスイングが魅力。タイミングの取り方がさらに良くなればもっと打てる。

注目度B:福本綺羅選手(2年)、狭間監督が「来田よりも盗塁できるしセンスは上かもしれない」と評価する選手で1年秋は4番を打ち打率.462を記録した。打撃と足を注目したいが、遠投70mとある外野手としての肩を見てみたい。

注目度B:植本拓哉選手、昨秋の公式戦では打率.227と不調だったが、兵庫選抜では木製バットで3割を記録、練習試合では8本の2ベースに6本の3ベースを打っており、芯で捉えて外野の頭を越す打球を打てる選手。まずは打撃に注目したい。

注目度C:中野憂翔投手、スリークォーターから138キロの速球を投げ、コントロールが良く打たせて取ることができる投手。168cmと上背は無いがまずはストレートの強さと持ち前のコントロールの良さを見たい。

注目度C:須鑓源太投手、178cm60kgと身長があるがまだ線の細い左腕、球速は135キロを記録しており、練習試合では31イニングで30奪三振、四死球も多く制球が課題だが将来性が高いと見る。まずは球の力と質を見たい。

注目度C:根木郁光投手、170cmの右腕で135キロの速球と、スライダー、フォークなど多彩な変化球を投げる。2年秋は公式戦未登板、練習試合でも四死球が多く制球が課題か。登板したら球の強さを見たい。

チーム

投手に中森、野手の来田と中心選手がはっきりしているチームで、この二人を攻略すればと相手もかかってくるが、特に中森投手を攻略する力を持つバッターは数少ないと思う。ただし優勝のためにはこの二人の周りの選手が重要で、投手では2番手以降、打者でも3番・植本選手、4番・福本選手の働きが期待される。

投手が2点に抑え、打線が6点を奪う。エースを中心に守って勝てるチーム。

明石商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント