最速142キロ、報徳学園・坂口翔颯投手が150キロ到達目指す

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

昨年秋に明石商を9回9奪三振1失点に抑えた報徳学園のエース・坂口翔颯投手、昨年までは最速142キロだが、今年は150キロ到達を目標にトレーニングに取り組んでいる。

スポンサーリンク

ライバルの存在

兵庫県の3年生の野球選手にとって、1年生の時から3大会連続で甲子園に出場している明石商の中森俊介投手と来田涼斗選手は、倒さなければ甲子園に行けない高い壁だ。その壁を乗り越えたのが、昨年春の大会の須磨翔風と昨年秋の大会の報徳学園だった。

秋の兵庫大会、決勝は明石商と報徳学園だった。決勝に進出した時点で既に兵庫大会出場が決まっており、中森投手が温存されるかと見られたが先発をする。そして明石商に挑戦したのが報徳学園の坂口翔颯投手だった。

坂口投手は178cm82kg、体つきを見ると下半身の筋肉が隆々でどっしりとしており、上半身も筋肉がついているが力感なく腕を振る。上からたたきつけるようなパワーを感じさせ、角度のある球を低めに投げる。

また、カーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、フォークを投げるなど、巧みに相手を見ながら投球ができ、磯野部長も「田村にタイプは似ているかもしれませんが、坂口の方が体が大きく、器用だと思います」と、田村伊知郎投手(2016年埼玉西武ドラフト6位)と比較をする。

坂口投手も「自分はけっこう変化球も投げられて器用な方だとは思うので」と器用さを自覚をするが、「小さくコントロールというよりかは、球威であったりスピードであったり、そういうところを大事にして。ストレートで誰も寄せ付けないくらいの圧倒する投手になっていたいです」と、力で抑える投球を目指している。

昨年までの最速は142キロだが、今年はウエートトレーニングで筋力量を増やし、スクワット150キロ、デッドリフト170キロを上げるパワーを身に着けた。最速150キロを目標に設定する。

昨年秋の明石商戦で坂口投手は9回を投げて9奪三振1失点に抑え、5-1で明石商の壁を乗り越えた。ライバルで151キロ右腕の中森投手は4回4失点で降板をしている。しかし、その試合で本当に投げ合って勝ったとは思っていないだろう。

今年の夏、甲子園をかけた場面で中森投手と、共に140キロ後半の球を軸とした投球で投げ合えれば、ライバルに肩を並べたという事になる。明石商の5大会連続(センバツも出場にカウントされる)を許すのか、それを阻止するのか、坂口投手の右腕にかかっている。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

1メートル78、82キロ。際立つのは、ユニホームのパンツがはち切れそうな、下半身のたくましさだ。オフ期間にウエートトレーニングに励み、体重は昨秋から筋肉で3キロ増やした。球威アップを目指して主に下半身強化に取り組み、今ではスクワット150キロ、デッドリフト170キロを持ち上げる。直球の最速150キロ到達を目下の目標に掲げ、エンジン強化に励む日々を過ごしてきた。そのモチベーションとなっているのは、ライバルの存在だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント