プロ志望、白樺学園・片山楽生投手が最速147キロに

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

昨年の明治神宮大会で2試合に登板し、好投を見せていた白樺学園の片山楽生投手が、最速147キロを記録していたことが分かった。プロ志望を明らかにしており注目される。

5キロアップ

片山楽生投手は、昨年の明治神宮大会で国士舘戦で8回1/3を投げて6安打5奪三振3失点で勝利投手になると、続く2回戦の健大高崎戦では6回から2番手で登板し、4回4安打4奪三振1失点の好投を見せている。

バランスの良いフォームから、インコースにビシビシと投げる投球が印象的で、当時、非常に高く評価されていたが、昨年秋は最速142キロだったのが、現在は147キロを記録しているという。冬と休校期間に、体重移動を意識するために、父親が作った踏切台を使ったトレーニングで球速が伸びたという。

北海道はこの日、南北北海道の代替大会の開催する方針を決めた。片山投手は秋は130キロ台でもしっかりと抑えられていたが、さらに球速が増したとすれば、相当な投手になっている可能性があり、大会でのピッチングが注目される。

プロ志望を口にする片山投手、代替大会で一気に評価が高まる可能性がある。非常に楽しみだ。

北海道に速球派そろう

北海道には楽しみな投手がそろっている。白樺学園では奥村柊斗投手も191cmから143キロを記録する。

駒大苫小牧の北嶋洸太投手も、上背はそれほどないが2年の時点で146キロを記録し、昨年夏は札幌大谷戦、札幌第一戦で完投勝利をすると、準決勝の北照戦でも、桃枝丈投手と8回まで4-4の投げ合いを見せた。

また、昨年夏はその駒大苫小牧に地区代表決定戦で、北嶋投手と9回を投げ合った苫小牧中央の根本悠楓投手も、中学時代から注目された左腕で、146キロのキレのある球にプロも注目する。

2020年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

進化の形を披露する。急速は、昨秋から5キロアップして147キロをマーク。休校期間は自宅で父・宣孝さんが作った踏み切り台を使ってネットスローするなどの練習を行い、体重移動を意識したフォームにした成果が出てきた。プロを目指す右腕にとって、勝負となる場が設けられた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント