広陵高、明石商が練習再開

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

広陵高、明石商が約2カ月ぶりに練習を再開した。

約2カ月ぶりの練習再開

広陵高校はこの日、4月上旬いらい約2カ月ぶりとなる野球部の練習が始まった。感染対策のため、複数のグループに分かれて、打撃練習やノックなど約2時間の練習を行った。

遊撃手としてプロも注目をしている宗山塁主将は、「これまでは個別に自主練習してきたが、全員が同じ気持ちで同じグラウンドに立てたことが一番の幸せ」と話した。

広島はまだ夏の代替大会の開催が決まっていない。これについて中井監督は「このままでは3年生は最後のユニホーム姿を保護者に見せることなく終わってしまう。なんとか大会を開催していただきたい」と訴え、宗山主将も代替大会が開催されることを願っているし、そこで勝つために、これからも練習を続けていく」と話した。

広島では高陽東のスラッガー・間瀬場秋選手や、センバツで見たかった広島新庄の下志音選手などが注目される。

また明石商もこの日、4月8日以来の練習を再開した。ドラフト1位候補の151キロ右腕・中森俊介投手や来田涼斗選手も参加し、キャッチボールや捕球練習、ティー打撃など1時間半の練習をこなした。

狭間監督は「ユニホームはいいね。選手が元気でよかった。中森はキャッチボールで、いい球を投げていた」と話した。

兵庫もまだ代替大会の開催は発表されていないが、明日4日にも開催の可否を発表する予定。大会が開催されれば東洋大姫路の145キロ右腕・柿本晟弥投手、報徳学園の坂口翔颯投手などが注目される。

2020年度-高校生-広島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明石商、ドラフト1位候補の中森俊介に狭間監督「いい球投げていた」練習再開…高校野球・兵庫
 昨年の甲子園で春夏続けて4強入りした明石商(兵庫)が2日、4月8日以来の練習を再開した。
広陵 2カ月ぶりに練習再開 中井監督「3年生のためにも代替大会開催を」/デイリースポーツ online
 広陵が2日、広島市の同校グラウンドで約2カ月ぶりに全体練習を行った。新型コロウイルスの感染予防のため、複数のグループに分かれて約2時間、打撃練習やノックなどを受けた。 広島県高野連は、中止となった夏の大会に代わる独自大会を開催するかどうかの結論はまだ出していない。中井哲之監督は「このままでは3年生は最後のユニホーム姿...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント