大崎中央・氏家蓮投手が4回2失点、巨人、ソフトバンクが視察し「いいものを持っている」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

大崎中央はこの日、学法福島と練習試合を行った。151キロ右腕の氏家蓮投手や、学法福島の180cm左腕・辻垣高良投手などの視察に巨人、福岡ソフトバンクのスカウトが視察した。

スポンサーリンク

氏家投手は4回2失点

この春に球速を伸ばし151キロを記録した大崎中央の氏家蓮投手は、この日はWヘッダーの1戦目に先発をしたものの、福島の強豪・学法福島を前に4回で4安打2失点という内容だった。

2回に味方のエラーと四球でノーアウト1,2塁から、続くバッターから三振を奪ったものの、Wスチールを仕掛けられサードが捕手の送球をとれずに失点、さらにピッチャーゴロに間にもう1点を奪われた。

守備がバタつく形で失点をしたが、「今日は自分の中で調子が良くなかった」と話し、「押せ押せではなく、仲間を信じて打たせる投球も心がけて、球数を減らしたい」と、4回で71球を投げた事について、新たな段階の投球へと目線を挙げた。

この日は巨人、福岡ソフトバンクのスカウトが視察し、巨人・織田スカウトは「フォームバランスが良く、140キロ中盤の真っすぐが投げられるポテンシャルがあれば楽しみ」と話すと、福岡ソフトバンク・作山スカウトも「将来性の部分では、いいものを持っていると思う」と評価した。

練習で急成長をした氏家投手、今後は試合でバッターに対し、この151キロをどのように生かしていくかを磨いていく。

辻垣投手は19球で降板

一方、学法福島の辻垣高良投手は、先発をしたものの、先頭打者に死球を与えると、1アウトを奪った後に2ランホームランを浴び、その後、5球連続でボールとなった。19球を投げた所で背中の張りを訴え、緊急降板した。

「投げる前から少し違和感があった。目標は夏なので、ケガをしないようにケアをしながら夏に挑みたい」と話した。プロのスカウトが注目する前でアピールの投球はできなかったが、夏に向けてしっかりと直し、本来の力を見せる投球をしたい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-福島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察した巨人織田スカウトは「フォームバランスが良く、140キロ中盤の真っすぐが投げられるポテンシャルがあれば楽しみ」。ソフトバンク作山スカウトは「将来性の部分では、いいものを持っていると思う」と評価した。

学法福島・辻垣「目標は夏」背中の張りで19球降板 - 高校野球 : 日刊スポーツ
学法福島 エース左腕・辻垣高良(3年)が1戦目に先発するも1死を取っただけで、19球を投げて背中の張りにより緊急降板した。先頭に死球を与え、1死後に左越えに2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント