聖望学園の187cm遊撃手・蔵田亮太郎選手がホームラン、日本ハム、西武スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

聖望学園はこの日、創価、関東第一と練習試合を行い、187cmの大型遊撃手としてプロが注目する蔵田亮太郎選手がホームランを放った。

スケール感は大きい

この日は創価、関東第一という東京の強豪と対戦した聖望学園、第1試合の創価戦で蔵田亮太郎選手は、第1打席にレフトへ運ぶタイムリー2ベースヒットを打つと、関東第一との第2試合でも初回の第1打席で、ライトのネットへライナーで突き刺すホームランを放った。

2試合とも第2打席以降は結果を出せず、「その後の打席で2試合とも結果が出ていない」と話したものの、ホームランについては、「ちょっと弾道は低いかと思ったんですけど、打球が伸びてくれてよかった」と話した。

この日は北海道日本ハム、埼玉西武のスカウトが視察に訪れたが、日本ハムの今成スカウトは「スケール感は大きい。どういう風に化けるか」と話し、潜在能力を評価した。

蔵田選手はプロ志望を表明している。潜在能力に優れた大型遊撃手を、しっかりと育てられると判断する球団が出てくるかが注目される。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

創価との1試合目には第1打席に狙い通り左翼へ運び、適時二塁打で先制点を生んだ。視察した日本ハム・今成スカウトは「スケール感は大きい。どういう風に化けるか」と評価。大型遊撃手としての期待は膨らむ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント