東邦高の43発スラッガー・吉納翼選手が2安打3打点、阪神が評価も進路は半々

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

東邦高校が愛知県高校野球大会に登場し、高校通算43本塁打のスラッガー・吉納翼選手が2打数2安打3打点の活躍を見せた。阪神スカウトが評価をしている。

進路については半々

3番ライトで出場した吉納翼選手はこの日、3回1アウト2,3塁の場面で、低めのストレートを逆方向のレフトへ打ち返すと、打球はフェンスぎりぎりの所に落ちる2点タイムリー2ベースヒットとなった。また6回にも1アウト3塁の場面でライト前にヒットを打ち、2打数2安打3打点の活躍を見せた。

吉納選手は「素直に打ち返すことが出来た」と話したが、視察をしていた阪神の筒井スカウトも「天性の間の取り方を持っている」と高評価をした。

この日はホームランは出なかったが、昨年のセンバツでは明石商・中森俊介投手からホームランを放っており、「今までは大事なところで一本打つのが目標でしたが、この大会は、そういう場面でホームランを打ちたい」と今大会でのホームランを誓った。

試合後には進路についても聞かれたが、「進学かプロかは半々。この夏次第です」と話し、プロ志望をするかどうかの結論はこの大会以降とした。

2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

4回には変化球を引きつけて右前へタイムリーを放ち、広角打法を披露した。「天性の間の取り方を持っている打者」と阪神・筒井スカウト。進路について「進学かプロかは半々。この夏次第です」と考えている吉納にとって、格好のアピールとなる2安打だった。

2―0の3回1死二、三塁、外角低め直球を逆らわずに叩き、左越え2点二塁打を放つと、6―0の4回1死三塁では右前打。「素直にセンター中心に打とうと思っていた」と笑顔を見せた。高校通算43本塁打を誇る大砲は進路について進学とプロ志望を「半々。この夏次第」とし、今後のアピールを誓った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント