青森山田の150キロ右腕・小牟田龍宝投手に千葉ロッテ、横浜DeNAなど3球団視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

青森山田はこの日、鶴岡東と練習試合を行い、150キロを記録して注目される小牟田龍宝投手が登板した。

スポンサーリンク

7回10奪三振

この日は、自粛明け後の最長となる7回を投げ、4安打10奪三振2失点を記録した。最速145キロのストレートと、スライダー、チェンジアップを使った。

また8回からはレフトに入ると、レフトスタンドへの3ランホームランや、左中間への3ベースヒットを打ち、50m5.8秒の足も見せた。

この日は千葉ロッテ、横浜DeNAなど3球団のスカウトが視察したが、横浜DeNAの欠端スカウトは「打球を追う姿もいい。投打にセンスの良さを感じる」と、投球だけでなく野手としての能力も評価していた。

小牟田投手はプロ志望を明らかにしており、「いつか賢慎さんと投げ合いたい」と、昨年、巨人にドラフト1位指名された先輩の堀田賢慎投手と投げ合う事を目標としている。身長は173cmで堀田投手よりも7cm背が低いが、「自分は身長がないのでキレで勝負したい」と話した。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

3月のブルペンで自己最速の150キロを投げ、復活した。ことし5試合目の登板は、最速145キロの直球に縦と横のスライダー、チェンジアップを使い10奪三振。50メートル5秒8の脚力で左中間三塁打も放った。DeNAの欠端スカウトは「打球を追う姿もいい。投打にセンスの良さを感じる」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント