三重県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

三重県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

投手では、いなべ総合学園の伊東邑航投手は、183cmから最速146キロの速球を投げ、1年時からの期待通り成長をしてきた。プロ複数球団が注目をしており、プロ志望届を提出すれば指名の可能性が高い。捕手の田所宗大選手もセカンドまで1.8秒の強肩があり、高校通算30本塁打の打撃も光り、共にプロがマークする。

松阪商の阪本和樹選手は、高校通算58本塁打の打撃が魅力、2年夏までに30本を打っており、今年に入って試合がほとんどできていないのにこの数字は圧巻。近大高専は白石晃大選手は投げても137キロを記録し、外野手としても児湯賢と広角にヒットを打てる県屈指の選手だった。

その他の選手

速球投手が次々と出てくる菰野は、今年も伊藤佑悟投手、中根凛太郎投手、花村直央投手が140キロに到達しており、伊藤投手は185cmの長身右腕として注目される。

投手としての実績や力では、宇治山田商の中村伊吹投手が、いなべ総合の伊東投手と双璧か。エースとしての経験十分でさらに球速が増してくればおもしろい。津田学園の左腕・栄龍騰投手も最速144キロを記録しており、左の筆頭格。津商業の尾嵜健人投手は192cmの大型右腕、角度のある球が魅力。

いなべ総合学園では村木陽亮選手も、高校通算40本塁打のスラッガー、しっかりと形が決まっている打撃フォームが魅力。津田学園では小林世直選手、中村宇亜選手などのポテンシャルの高い野手がおり、今年の成長が期待されていた。

木本高の徳田凌大投手は、強肩俊足の内野手で広角にヒットを打つセンスの良い選手。三重高校の坂口翔選手も1番バッターとして打撃の良さと俊足を見せる。

菰野では、140キロの3年生が多い中で、2年生左腕の池田翔紀投手が力を見せており、エースとして期待されるとともに、来年のドラフト候補として注目される。津田学園の窪田勇成投手も、181cmから140キロを記録し、前投手のような成長が期待されている。

白山高の町健大投手は184cm87kgの恵まれた体があり、きれいなフォームで投げる本格派。松阪商の高山公平投手も135キロの球をどんどん投げてくる投げっぷりの良さが魅力。

2020年度以降-高校生-三重県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント