盛岡工・昆野漱太朗投手が147キロ、大学か社会人で

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

盛岡工の昆野漱太朗投手が、自己最速を1キロ更新する147キロを記録した。試合には敗れ、卒業後は大学か社会人でプレーする。

147キロ

盛岡工は、盛岡一と対戦し、エースの昆野漱太朗投手が登板した。

昆野投手はこれまでの自己最速は146キロ、ただし制球が課題で昨年夏の盛岡一との試合では2番手として登板するも、4回2/3を投げて7安打5四死球で4失点、6-5とリードした9回に2点を奪われて逆転サヨナラ負けをしていた。

佐々木朗希投手からもホームランを放っている怪物・高橋怜大選手のいる盛岡一には秋季大会も敗れており、この日は3度目の挑戦だった。昆野投手は初回から自己最速を更新する147キロを記録すると、高橋選手に対してはストレートで3球三振を奪った。

その高橋選手には3回にもストレート3球で三振を奪った。しかし5回に先制点を許すと、6回にも高橋選手のヒットから1失点、味方打線は盛岡一の好左腕・菅龍太郎投手に抑えられ0-2で敗れた。

盛岡一に対し、3度目の正直とはならなかった。それでも昆野投手は「高橋くんは詰まってもヒットにするし、一高打線はしっかり振れていてすごい。自分は不器用ですが、成長した部分も出せた」と話した。

卒業後は大学か社会人に進み、さらなる成長を目指す。147キロ右腕はまた名前を聞くことになると思う。

2020年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト

相手の主砲高橋怜との勝負は見どころ十分。2回には直球を1度も振らせず3球三振。3回にも自己最速を1キロ更新する147キロ直球で連続3球三振。中盤に高めに浮いた球を痛打され失点し「高橋くんは詰まってもヒットにするし、一高打線はしっかり振れていてすごい。自分は不器用ですが、成長した部分も出せた」。昨秋までの制球難を克服し、卒業後は大学か社会人での活躍に挑む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント