盛岡一・高橋怜大選手は2安打、大学進学かプロ挑戦かを今大会で判断

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

盛岡一の高橋怜大選手は、昨年夏の練習試合で佐々木朗希投手からホームランを放った注目のスラッガー。

2安打

この日の盛岡工戦で高橋怜大選手は、最速147キロを記録した昆野漱太朗投手を相手に、第1打席はストレート3球で見逃し三振、第2打席はストレート2球をフルスイングでファウルにしたが、3球目を空振りし、2打席連続でストレート3球で三振を奪われた。

しかし6回、再びストレート勝負を挑んできた昆野投手に対し、高めのストレートをレフトへはじき返しヒットを打つと、これをきっかけに2点目が入り、2-0の勝利に貢献した。高橋選手は、「真芯ではなかったけれど、しっかり次につないで得点できたのは良かった。直球勝負で来てくれたので負けられなかった」と話した。

最終打席でも内野安打を打ち、この日は2安打、バッティングセンターでは170キロの球を打ちこんで練習をしており、佐々木朗希投手からもホームランを打っているが、「朗希さんから打てたことで他の投手と対戦しても余裕が持てるようになった」と話し、久々の公式戦で昆野選手との対戦は苦労したが楽しんだ。

進路について聞かれると高橋選手は、「大学進学かプロ挑戦か、今大会の結果で判断するという。作新学院の横山陽樹選手など、佐々木朗希を基準に、佐々木投手から打った選手も続々とプロの舞台に入ってくるかもしれない。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

県内随一の進学校のため、大学進学かプロ挑戦かの進路も今大会の結果で判断するつもりだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント