鳥取県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

鳥取県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

米子東の岡本大翔選手は、188cm82kgの大型遊撃手。昨年夏の甲子園でもショートで好プレーを見せ、また打撃でも投球に逆らわないしなやかな打撃を見せながら、レフトに痛烈なホームランを放つ。プロ志望をすればドラフト会議で指名される可能性は高いと思う。

鳥取城北の中川央投手は、180cm81kgから145キロの速球を投げ、鳥取NO.1の速球派投手、同じく松村亮汰投手は183cm80kgから142キロの速球とチェンジアップなどを投げ、こちらも本格派投手として注目される。

その他の選手

鳥取城北では注目の二人よりも安定感が良い阪上陸投手がエースを務める。169cmから投げられるキレのあるストレートが魅力。179cmの田渕洋介投手も140キロを投げ、県屈指の投手陣を誇る。

野手でも中学時代に多くの高校からスカウトされた鳥取城北の河西威飛選手が、打撃・センス共に高く、主軸を打つ。多彩な投手陣をリードする安保龍人捕手も強肩強打が注目され、50m5秒台の俊足の石原夢也選手、高い打率の藤元和虎選手もいる。そして2年生で投手の山内龍亜選手は183cmから球威ある球を投げ、畑中未来翔選手は昨秋に2本塁打9打点と爆発力がある。

2強と呼ばれる米子東も、左腕の土岐尚史投手はストレートの力が良く、変化球などもコントロールできる本格派、山内陽太郎投手はきれいなフォームから強い球を投げる投手で、打撃でも岡本選手に次ぐパワーを持つ。そして2年生の船木佑投手も力のある球を投げ、世代屈指の右腕。

倉吉東の金居大太郎選手は、2年春に2打席連続ホームランを放ち、軽く振ってフェンスを超す当たりを打つ。同じく倉吉東の政門友太選手は、捕手・遊撃手・外野手でプレーし、打撃でも左右にきっちりとヒットを打つ。福庭尊龍投手は回転の良い球で詰まらせて打ち取る投手。

倉吉総合産業の高嶋悠投手は、130キロ後半の速球を投げ、得意のチェンジアップで三振を奪える。ショートの岩崎彰大選手は守備の要で、随所に目を見張るプレーを見せる。

鳥取商業の山根脩投手も短いイニングで強いストレートを投げ込む投手。ショートの大石嵐太選手も守備力に定評がある。米子北の福井優伸選手は178cm80kgの右打者で、地に足のついたフォームから強い打球を打ち、大森康平選手も左右に長打を打つ。

境高校の千種邑斗投手は、昨秋の中国大会で優勝した倉吉商に4安打2失点の好投する力のある投手。福家隆太郎選手は強い打球で内野の間を抜ける当たりを打つち、鍛冶晋之介選手も長打力では引けを取らない。堺高校では2年生の高塚大輔投手も左から良い球を投げ、左のスラッガー・林祐馬選手も強いスイングで左右に長打を打つ。

鳥取西の塩慶大捕手は、リズムの良さを生み出すリードとフットワークの良い動きを見せる。倉吉北の福丸聖悟捕手は強気なリードを見せ、強豪にも臆さない。八頭高校は2年生の川口真吾投手が角度のある球を投げる。

2020年度以降-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント