2020年甲子園高校野球交流試合、注目の野手は?

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせが決定した。センバツの出場校決定時に注目野手についての紹介をしているが、その後の状況なども含めて、あらためて紹介をします。

スポンサーリンク

ドラフト指名確実?の選手

センバツ時には注目選手として
明石商の来田涼斗選手
東海大相模・西川僚祐選手
花咲徳栄・井上朋也選手
履正社・関本勇輔選手
星稜・内山壮真選手
中京大中京・印出太一選手

を紹介したが、印出選手は進学の可能性が高いものの、他の選手はプロ志望が濃厚とみられ、来田選手、西川選手、井上選手、内山選手はドラフト2位までに消える可能性もあり、関本選手も3位前後で指名される可能性がある。

来田涼斗選手は1年時には足を見せ、2年時にはセンバツで先頭打者弾&サヨナラ弾を放つなど打撃のパワーを見せていた。手の骨折の影響でプレー全体で全力プレーとはいけなかったと思うが、足と肩も評価の高い選手で、高いレベルで3拍子そろう。特に打撃について見直してみると、世代NO.1といって良いと思える。活動休止期間中に打撃フォームの見直しを行い、練習再開後の実戦でやや苦しんでいるようだが、狭間監督は絶賛をしており、結果も出てくるだろう。怖いもの知らずの思い切りの良い打撃が消えていなければ良いが。

スラッガータイプで名前を挙げたのが、東海大相模・西川僚祐選手と、花咲徳栄・井上朋也選手。西川選手は右のスラッガーとして、軽くスイングしてレフトスタンドの場外に運ぶが、逆方向の当たりがあまり見られていない所があった。その点で逆方向にもさく越えの当たりを放つ井上朋也選手が一歩先を進んでいると思っていたが、井上選手はサードに転向し、主将としてもチームを引っ張る存在で、どちらかというと自分の打撃だけでなく全体を考える所が強い。

怖いもの知らずで強い当たりを見せていた1年夏の甲子園で、最後の打者となって号泣していた姿から、2年時はチームを見ながらプレーをし、やや打撃はコンパクトになり、足や守備で貢献をしていた。そして3年生の今年は1番バッターとして出場するようで、チームを優先する打撃になってしまうかもしれない。

埼玉高校野球大会では優勝を目指し、そのような打撃になるかもしれないが、1試合限定の甲子園では大きな当たりを目指してほしい。

捕手で評価が高いのは関本勇輔選手。セカンドまで1.84秒の肩に、打撃でも無駄のないスイングで外野のさく越えの当たりを見せる。昨年の智弁和歌山・東妻純平選手(DeNAドラフト4位)と比べられる選手だと思うが、2年までは野口海音捕手という偉大な先輩がいただけに、今年アピールできなかったのはつらかった。交流戦ではその力を十分発揮してほしい。

星稜の内山壮真選手は捕手としてのセンスも高く、1年時に見せた遊撃手としてのセンスも高い。そして打撃も小園海斗選手のようにパワーが増してきており、外野オーバーの2塁打、3塁打も多い。あまり天才という言葉は使いたくないが、1年時に連続試合安打を長い間続け、ショート・キャッチャーという難しいポジションでも一級品のプレーを見せる。天才といって良い。

その他の選手

センバツ時の記事では

東海大相模の神里陸選手
健大高崎の戸丸泰吾選手
仙台育英の入江大樹選手
山梨学院の小吹悠人選手
中京大中京の中山礼都選手
大阪桐蔭の伊東光亮選手、西野力矢選手、船曳烈士選手、仲三河優太選手
履正社の小深田大地選手、池田凛選手
天理の河西陽路選手
白樺学園・川波瑛平選手
東海大相模の鵜沼魁斗選手、加藤響選手、山村崇嘉選手
星稜の知田爽汰選手
智弁和歌山の細川凌平選手
県岐阜商の佐々木泰選手
鳥取城北の河西威飛選手
明徳義塾の元屋敷大誠選手
尽誠学園の仲村光陽選手

を紹介しているが、その中で仙台育英の入江選手と中京大中京の中山選手は、入江選手は強いアピールポイント、中山選手は投球への対応や試合での対応など課題があるものの、大型遊撃手として注目される。

またこの中で智弁和歌山の細川凌平選手は、プロの評価も上々で、ドラフト指名確実選手に入ってくる。転向したショートでのプレー次第では、星稜の内山選手に並んでくるかもしれない。

他には
明徳義塾・奥野翔琉選手
広島新庄・下志音選手
日本航空石川・中谷仁人捕手

奥野選手は、50m5.7秒の足は全国でも屈指の存在で、足だけでプロ入りができる選手だろう。下選手は足と肩の良い選手で打撃もシャープに打つスタイルだが、2年秋の中国大会で2本塁打などパワーも付いてきている。

中谷捕手はセカンドまで1.8秒の肩があり、「常時1.9秒を記録する」と話す。

2年生

2年生では1月に
智弁学園の前川右京選手
智弁和歌山の徳丸天晴選手
星稜の中田達也選手
天理の瀨千皓選手
を挙げているが、

花咲徳栄・浜岡陸選手
鳥取城北・畑中未来翔選手
天理・杉下海生選手
創成館・松永知大選手
県岐阜商の高木翔斗捕手
中京大中京・加藤優翔捕手
明石商・福本綺羅選手
桐生第一・曽我一瑳選手
健大高崎・小澤周平選手
日本航空石川・石井幸希選手
鶴岡東・野川大輔選手
白樺学園・宍倉隆太選手

浜岡選手は秋に9試合で打率.529を記録する内野手で、韮澤選手の後を担う選手かもしれない。畠中選手は昨秋に2本塁打9打点を記録しセンバツ出場に貢献した選手。天理の杉下選手はショートの守備が抜群にうまく、来年は守備でNO.1ショートと評価されるかもしれない。

創成館の松永選手は、体は174cmと大きくないが、抜群のスイングスピードでスラッガーとして成長を続ける。県岐阜商の高木翔斗捕手は185cm85kgの大型捕手で、九鬼選手を育てた鍛治舎監督が指導して成長を見せる。中京大中京の加藤優翔捕手も、1年生で8本塁打を打っており、次期正捕手候補。

明石商の福本綺羅選手は、痛烈なライナー性の打球を打ち、来田選手の後釜として期待を集める。桐生第一の曽我一瑳選手も強打の2番バッターで高い打率とパワーを見せる。健大高崎の小澤周平選手は1年時から思い切りの良い打撃を見せており、チャンスに強い打撃を見せる。

日本航空石川の石井幸希選手は、1年秋に2本塁打、外野オーバーの長打が多く注目される。鶴岡東の野川大輔選手は選球眼の良さがひかり、高い打率を残し、出塁すると走る。白樺学園の宍倉隆太選手も、1年生でサードを守り、成長を期待されている。

その他、大阪桐蔭、智弁和歌山、星稜、仙台育英、東海大相模などは2年生の有力選手が多く、注目したい。

センバツに出場する注目野手、世代NO.1を目指すスラッガー
センバツ出場校が出そろい大会に登場する選手が注目される。野手では明石商・来田涼斗選手、東海大相模・西川僚祐選手、花咲徳栄・井上朋也選手、履正社・関本勇輔選手、星稜・内山壮真選手などが注目される。
2020甲子園交流戦の対戦カードと注目選手一覧
8月10日にから開催される甲子園交流戦、対戦カードと注目選手の一覧です。
2020年甲子園高校野球交流試合、注目の投手は?
2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせが決定した。センバツの出場校決定時に注目投手の紹介をしているが、改めて紹介をします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント