大阪桐蔭・西野力矢選手と仲三河優太選手がプロ志望表明

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

大阪桐蔭はこの日、滝川二との練習試合で14-3で快勝し、試合後に西野力矢選手と仲三河優太選手がプロ志望を表明した。

スポンサーリンク

プロ志望表明

このタイミングでのプロ志望表明となった。

この日は滝川二との練習試合が行われ、3番で出場した西野力矢選手は7回に2ランホームランを放つなど4打数2安打3打点、また4番を打った仲三河優太選手も6打数4安打4打点と止まらない打撃を見せた。西野選手は高校通算29本目のホームランに「打った瞬間入ると思いました」と話した。

そしてこの試合後に、西野選手が「志望届を出してプロに挑戦したいと思う。小さな頃からの夢だったのでなりたい気持ちが強いです」と話すと、仲三河選手も「いろいろな先輩が高卒で活躍しているので、その中に自分も入り込めるようになりたい」と話し、プロ志望届を提出することを明らかにした。

二人とももちろんプロ注目の選手ではあるが、2018年夏は根尾選手や藤原選手などの黄金世代がおり、昨年は春・夏共に甲子園に出場できず、ようやく出場を決めていたセンバツも中止となり、全国でアピールができていない。

当然、プロのスカウトも頻繁に足を運んでいると思われるものの、昨年の甲子園で活躍を見せた明石商の中森投手、来田選手に連日、報道陣やプロのスカウトが視察に詰めかけ、昨夏優勝の履正社にもスカウトが視察に訪れているが、ややアピールの点で先行されている点は否めず、西谷監督も「甲子園に飢えている」と話す。

その中で監督といろいろ話し合って、夏の大阪府高校野球大会の前のこのタイミングでプロ志望を表明したのだろう。もちろん二人は評価はされているものの、確実に指名されるという所には至っていないように思える。大阪大会、そして甲子園交流戦、そしてNPB合同練習会でのアピールが必要となり、そこでプロの目を引き付けるための表明となった。

西野選手は甲子園交流戦について「自分のアピールの場とも思ってます」と話す。西谷監督も、「西野は柔らかいバッティングと長打力。バッターとしての長距離的なところは素材としてはいいものを持っている」と話し、プロ入りに向けたアピールをサポートした。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

1メートル81、97キロの体格から繰り出すパワーと巧みなバットコントロールが持ち味の大砲は「志望届を出してプロに挑戦したいと思う。小さな頃からの夢だったので(プロに)なりたい気持ちが強いです」と話した。

 仲三河も2試合とも「4番右翼」で出場。高校通算は11本塁打ながら、1試合目では6打数4安打1打点と高い確実性を示した。「いろいろな先輩が高卒で活躍しているので、その中に自分も入り込めるようになりたい」と力を込めた。

6月中旬からようやく本格的な練習を始められて、練習試合もこの日の滝川二とのダブルヘッダーを合わせて6試合と少ない。
 そんな練習不足のなか西野が本塁打を放ったのは7回だった。無死二塁で右投手の変化球をとらえ、「打った瞬間入ると思いました」と左中間フェンスを越える2ラン。これが高校通算29本目のアーチとなった。

西野は七回無死二塁から左中間に「打った瞬間入ったと思いました」と完ぺきな2ランを放つと「(プロに)なりたいという気持ちは強いです」ときっぱり。1年秋からレギュラーで、181センチ、97キロの体格を生かした力強い打撃が持ち味だ。

 もともと投手で入部した仲三河は、打撃面を買われて今は野手一本で高校通算11本塁打。野手で勝負する覚悟で「プロ野球選手に挑戦したいです」と力を込めた。西谷浩一監督も「西野は柔らかいバッティングと長打力。(仲三河は)バッターとしての長距離的なところは素材としてはいいものを持っている」と評価。今後、限られた中でアピールを続けていく。

部活動再開後、5本目となる高校通算29号。「(30本の大台は)打てるものなら打ちたい」と目を輝かせた。2試合で7打数5安打5打点。右方向にも2安打を放ち、西谷浩一監督(50)が「柔らかい」と表現する打撃も見せた。

中学時代は投手として注目されていた仲三河は、今は打者に専念し、プロを目指す。通算本塁打は11本だが、フルスイングからの打球は脅威。2試合で8打数5安打2打点をたたき出した。西谷監督は「素材としていいものを持っている」と話し、今後まだまだ成長しそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント